安定型産業廃棄物最終処分場に係る水質検査結果について

2018年11月13日

安定型産業廃棄物最終処分場に係る水質検査結果について

平成15年8月に産業廃棄物処理施設の設置許可が取り消され,その後,維持管理がなされず,廃止の手続きが取られなかった産業廃棄物最終処分場からの排水による周辺環境への影響を確認するため,市では平成20年から平成29年の10年間をかけて,排水の水質検査を行ってきました。

水質検査開始当初は,浮遊物質量(SS)が基準を大幅に超えていました。これは,採取した水に土砂等の混入があったためと考えています。その後は基準の大幅な超過はなく,平成25年から平成29年までの直近5年間は基準の超過はありませんでした。また,平成27年には,最終処分場であった土地が改変されたため,排水への影響の有無を注視しておりましたが,基準を超えるような排水は確認されませんでした。

このため,市ではこれまで行ってきた定期的な水質検査を平成30年度から中止し,今後においては,引き続き実施する現地確認時において,新たな土地の改変が認められた場合など,必要に応じて水質検査を実施するよう変更いたしました。

 

1.検査項目

〇 5項目

*1 pH(水素イオン濃度)
*1 BOD(生物化学的酸素要求量)
*1 SS(浮遊物質量)
*2 COD(化学的酸素要求量)
*3 砒素

 

 基準の根拠

 *1 水質汚濁に関する環境基準「生活環境の保全に関する項目:河川 類型B」

 *2 「一般廃棄物の最終処分場及び産業廃棄物の最終処分場に係る技術上の基準を定める省令」

 *3 水質汚濁に関する環境基準「人の健康の保護に関する項目」

 

2.採水箇所

2箇所(浸透水,表層水)

 

3.検査結果

〇 水質検査結果(平成20年5月~平成29年11月)

 平成20年5月~ (132KB)
  1. 基準欄の「検出されないこと」とは,その結果が環境大臣が定める測定方法の定量限界を下回ることをいう。
  2. 測定結果欄の「ND」は定量下限値未満を示す。

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

環境部 環境対策課
産業廃棄物対策担当
電話:0138-56-3827
ファクシミリ:0138-51-3498