コンブについて

2014年3月26日

 

 

コンブ

 

 

 

函館近海のコンブ達

 

 

マコンブ

 

 

 

 

 

 

函館でとれるコンブといったら,まずはマコンブ。

産地によって白口浜(しろくちはま),黒口浜(くろくちはま),本場折浜(ほんばおりはま)の3つの銘柄に分けられます。

甘みのある良質な澄んだ出汁がとれ,コンブの中でも高級品です。

 
 
 

 

ガゴメ

 

 

 

 

 

 

最近大注目のガゴメ。
道南地域にしか生息していません。
多量に含まれている「フコイダン」という物質の高機能性が注目される理由です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツイシコンブ

太平洋側では、やわらかくて煮物に向いているミツイシコンブが水揚げされています。
 

ホソメコンブ

函館市の西部沿岸ではホソメコンブも水揚げされています。
 
 
 
 

マコンブの銘柄

コンブ地点図.jpg

 

マコンブは、採れた場所によって銘柄が決まります。

 
西部から汐首岬までのコンブは本場折コンブ。

 
汐首岬から恵山をぐるっと回って銚子岬までのコンブは黒口浜コンブ。

 

銚子岬から噴火湾方面のコンブは白口浜コンブ。

 
食べ比べてみると味の違いがわかります。

 
 
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード

お問い合わせ

農林水産部 水産課
電話:0138-21-3335
ファクシミリ:0138-23-0325