各種手当について(特別障害者手当・障害児福祉手当・特別児童扶養手当)

2014年3月14日

特別障害者手当

 

○20歳以上で,日常生活において常時特別の介護を必要とする方に支給されます。
<対象となる方>

  1. 重度の障がい(手帳に記載の等級がおおむね1~2級)が2つ以上ある方
  2. 常時安静が必要で,日常生活動作が1人ではまったくできない方
    ただし,病院等に3ヶ月を超えて入院している,または施設に入所している方は対象となりません。
    また,一定以上の所得がある方については,支給停止となる場合があります。

 

・申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳または療育手帳(手帳の交付を受けていなくても申請できます)
  2. 認定請求書,所得状況届
  3. 診断書(特定の様式以外のものは使用できません)
  4. 印鑑
  5. 本人名義の預金通帳(ゆうちょ銀行の場合は振込用の店名と口座番号が必要です。)
  6. その他,同意書 年金証書 など(状況により,所得証明書などが必要になります。)

 

障害児福祉手当

○20歳未満で,日常生活において常時介護を必要とする,重度の障がいのある児童に支給されます。

ただし,障がいを支給事由とする年金を受給している,または施設に入所している場合は対象となりません。
また,一定以上の所得がある方については,支給停止となる場合があります。

 

・申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳または療育手帳(手帳の交付を受けていなくても申請できます)
  2. 認定請求書,所得状況届
  3. 診断書(特定の様式以外のものは使用できません)
  4. 印鑑
  5. 本人名義の預金通帳(ゆうちょ銀行の場合は振込用の店名と口座番号が必要です。)
  6. その他,同意書 など(状況により,所得証明書などが必要になります。)

 

特別児童扶養手当

○精神や知的,身体に重度または中度の障がいがある,20歳未満の児童を養育している方に給付します。

ただし,対象児童が障がいを支給事由とする年金を受給している,または施設に入所している方は対象となりません。
また,一定以上の所得がある方については,支給停止となる場合があります。

 

・申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳または療育手帳(手帳の交付を受けていなくても申請できます)
  2. 認定請求書
  3. 診断書(特定の様式以外のものは使用できません)
  4. 戸籍謄本
  5. 住民票(世帯全員の記載のあるもので,記載事項に省略のないもの)
  6. 印鑑
  7. 請求者の預金通帳
  8. 振込先口座申出書
  9. その他(状況により,申立書,所得証明書などが必要になります。)

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

保健福祉部 障がい保健福祉課
相談支援担当
電話:0138-21-3302