函館市社会福祉施設整備基金による補助制度

2019年4月15日

函館市では、社会福祉施設の整備、充実を目的として市民から寄せられた寄附金を基金に積み立て、その基金や基金の運用益を用いて、社会福祉法人が設置経営する市内の社会福祉施設の整備費用の一部を補助しています。

 

函館市社会福祉施設整備基金について

 

基金設置の経過

昭和49年3月、合同容器株式会社(杉崎清一郎社長(当時))から、先代社長(当時)である故杉崎群作氏の「隠れた善行者を市で表彰して欲しい」という遺志のもとに、函館市に対して3,000万円の寄附があり、市として運用方法等を検討した結果、この寄附金を基金として保管し、運用によって生ずる収益を市内の社会福祉施設の整備に充てるため、昭和50年3月、「函館市社会福祉施設整備基金の設置および管理に関する条例(以下「条例」という。)」を制定しました。

 

基金の額

昭和49年3月に受けた3,000万円の寄附金を含め、平成30年度末までに323件、2億3266万4114円の寄附を受け、これを全額函館市社会福祉施設整備基金として積み立てています。

 

基金および基金運用益の使途

基金および基金の運用によって生ずる収益は、条例第5条および条例第7条の規定に基づき、社会福祉施設における維持補修等の施設整備や備品購入等の設備整備に対する補助金として支出しており、昭和50年度から平成30年度までに延べ440施設に対して2億5984万3000円を補助しています。

 

 

補助制度について

 

補助対象者

社会福祉法第22条に規定する社会福祉法人であって、同法第2条に規定する社会福祉事業の用に供する施設(社会福祉施設)を函館市内に有する法人を対象とします。

 

補助対象経費

補助対象者が函館市内に有する社会福祉施設において実施する、建物および設備の整備に要する経費を対象とします。

ただし、1施設の総事業費が150万円を超えるもの、ならびに下記1~3に該当する経費は補助対象外となります。

 

  1. 土地の購入または整地に要する経費
  2. 建物の購入に要する経費
  3. 上記1・2のほか、市長が不適当と認める経費

 

補助額

補助対象経費の2分の1(1,000円未満切り捨て)を限度とします。

 

 

平成31年度補助事業の申請受付について

 

補助対象となる法人には、個別に申請書等の案内を郵送しております。(市外法人の場合は、施設に郵送しております。)

補助を希望する場合は、下記「補助金交付申請手続きについて」をご確認のうえ、申請書を提出してください。

      

     補助金交付申請手続きについて.pdf(211KB) 

提出期間

7月29日(月)~8月2日(金)

なお、提出期間が短く、手続きを円滑に進める必要があることから、6月13日(木)までに申請書一式を管理課に持参し,内容の確認を受けてください。

 

申請書類等様式

 こちらをご覧ください。

 

 

提出先

函館市保健福祉部管理課(市役所本庁舎 3階) 

 

 

 

 

   

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

保健福祉部 管理課
電話:0138-21-3298
ファクシミリ:0138-26-4090