転入届の特例について

2017年3月22日

  個人番号カードまたは住民基本台帳カードをお持ちの方は,他の市区町村へ転入する場合に,

  転入届に転出証明書の添付を省略できる「転入届の特例」を利用して住所異動の手続きを行うことができます。

  郵送や電子申請による転出届も可能です。

     

転入届の特例を利用する転出届・転入届について

  届出人は,個人番号カードまたは住民基本台帳カードをお持ちの本人,または同一世帯の方になります。

     ※ 任意代理人による手続きについては,お問い合わせください。


転出届

 1 必要条件

    ・転出する世帯の中で,個人番号カードまたは住民基本台帳カードをお持ちの方がいることが必要です。

 2 届出期間

    ・引っ越しをする前(およそ14日前)から引っ越し後14日以内に届出をしてください。

             ※ 引っ越し後14日以上経過した転出届の場合,特例には該当しませんので,紙の転出証明書を交付いたします。

 3 注意事項

    ・転入届の特例を利用する転出届では,転出証明書が発行されませんので,ご注意ください。

 

 転入届

 1 必要条件 

    ・転出地において,転入届の特例を利用する転出届をしていることが必要です。

 2 届出期間

    ・新しい住所に住み始めてから14日以内に届出をしてください。

        ※ 予定(未来の日付)での届出はできません。

          ※ 郵送による届出はできません。

 3 注意事項

    ・届出の際に,個人番号カードまたは住民基本台帳カードを必ずご持参ください。

    また,カード発行時に登録した暗証番号の入力が必要です。

    (暗証番号が不明な方は,窓口へお問合せください。)

 
 

関連するよくある質問

 

お問い合せ先

        市民部戸籍住民課届出担当 0138−21−3173
                  証明担当 0138−21−3168



by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

市民部 戸籍住民課
電話:0138-21-3173