函館市廃棄物処理施設設置等指導要綱について

2018年4月11日

廃棄物処理施設設置等指導要綱について

目的

事業者は,廃棄物処理施設を設置する際,地域の理解を得ながら「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(以下「廃棄物処理法」という。)の手続を進めるほか,都市計画法や建築基準法などの手続も行わなければなりません。 

このため,函館市では,これらの手続を円滑に進めることにより,周辺環境の保全を図るとともに,廃棄物の再生利用および適正処理の推進を図ることを目的として,環境部と都市建設部共管の「函館市廃棄物処理施設設置等指導要綱」(以下「指導要綱」という。)を定め,平成14年4月から施行(直近一部改正:平成29年12月)しています。

指導要綱の特色

  • 廃棄物処理施設の設置にあたっては,廃棄物処理法に基づく許可申請等手続に先立ち,事前協議や事前審査,地域関係者等への説明会の開催,必要に応じ住民意見の反映などの手続について,事業者に対し義務付けています。
  • まちづくりの観点から,廃棄物処理施設の立地に関する基準を定め,農振農用地区域や集水区域の境界から500m以内の区域など,21種類の区域において施設の立地を制限しています。

     【参考】廃棄物処理施設とは

      1.最終処分場,焼却施設,破砕施設などの廃棄物処理法に基づき設置許可を必要とする施設

      2.上記1以外の廃棄物を処理する施設で,1日当たりの処理能力が5トン以上のもの

 

 

その他,詳しい内容については,指導要綱をご覧ください。

 

函館市廃棄物処理施設設置等指導要綱 一括ダウンロード(89KB)

◆分割ダウンロード 
 表紙および目次

P.1

表紙および目次(5KB)

 要綱および附則 P.2~17 要綱および附則(37KB)
 別記様式(第1号~第11号) P.18~30 別記様式(29KB)
 立地に関する基準 P.31~34 立地基準(10KB)
 敷地の造成等に関する基準 P.35~38 造成基準(9KB)
 構造等に関する基準 P.39~41 構造基準(8KB)

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

環境部 環境対策課
産業廃棄物対策担当
電話:0138-56-3827
ファクシミリ:0138-51-3498