固定資産税納税通知書の内容に疑問又は不服がある場合

2022年4月1日

疑問がある場合

税務室資産税担当へお問い合わせください。

 

不服がある場合

賦課決定があったことを知った日(通常,納税通知書の交付を受けた日)の翌日から起算して3か月以内に,市長に対して異議申し立てをすることができます。

ただし,固定資産の価格について不服がある場合は,市長に対する異議の申し立てではなく,固定資産評価審査委員会に対する審査の申し出(納税通知書の交付を受けた日の翌日から起算して3か月以内※)となります。

 

※令和3年度税制改正の適用を受けた土地(価格が上昇した土地であっても税額を据え置かれた土地)の令和3年度価格についての審査申出期間は,令和4年4月1日から,令和3年度の通知書を受け取った日から15か月を経過する日まで。

 

 

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

財務部 税務室資産税担当
賦課部門
電話:0138-21-3229