消火器の排出方法(市で収集しないごみ)

2014年2月28日

市では消火器の処理は行っておりません。

平成22年1月1日から「廃消火器リサイクルシステム」が発足しており,消火器は専門の業者により安全に処理され,リサイクルされます。
不用となった消火器を廃棄する場合は,下記のいずれかの方法により排出してください。

1.消火器処理の業者に引き取り(収集)を依頼する場合

消火器リサイクル推進センターホームページにある 『リサイクル窓口検索』 でご都合のよい業者を選び,収集を依頼してください。

2.自分で消火器処理の業者へ持ち込む場合

消火器リサイクル推進センターホームページにある『リサイクル窓口検索』でご都合のよい業者を選び,ご自分で廃棄する消火器を運んで持ち込み,処理を依頼してください。

 

3.ゆうパックを使って回収先に送る場合

ゆうパックを使って,引き取り業者を通さずに直接回収先に送る方法もあります。

1) インターネットまたは電話で『ゆうパックを使った消火器の回収』を依頼します。

 

     ゆうパックを使った回収制度の説明とインターネットからの回収申込みはこちらから

 

     電話での回収申込みは  0120-822-306  まで

 

(受付時間 10:00~12:00  13:00~17:00 土・日・祝日を除く)

2) 申込みの際には,消火器のメーカー名,名称,型式番号などをたずねられますので,廃棄する消火器をお手元にご用意ください。

3) 申込みをすると,代金引換で消火器発送用の箱や,ゆうパック伝票などが送られてきます。

4) 送られてきた箱に消火器を入れて,ゆうパックで送ってください。

    (ゆうパックの送料と消火器の処理料金は,代金引換で支払った金額に含まれています。)

 

廃消火器の処分に必要な費用

 

seal.JPG
平成22年1月以降に製造された消火器には,左にあるような「リサイクルシール」が貼られています。
このシールが貼っている消火器を廃棄するときには,取扱先(特定窓口)での保管料と引取手数料をお支払ください。
(料金については業者ごとに異なりますので,各特定窓口業者に直接おたずねください。)
 
それ以前に製造され「リサイクルシール」が貼られていない消火器を廃棄する場合は,上記の保管料・手数料のほかに特定窓口業者から「リサイクルシール」を購入して処分する消火器に貼る必要があります。
(そのぶん金額が上がります。)
 
廃棄する消火器にリサイクルシールが貼られているかどうかにかかわらず,消火器の収集を依頼したときには,別に収集料金がかかることがあります。

 

ゆうパックによる回収依頼での代金は,通常の家庭用消火器の大きさの場合(薬剤が3kg以下または3リットル以下),送付用の箱の代金とゆうパック送料,リサイクルシール代込みで1本 2,200円(税別)です。

 

 

 

 

 

エアゾール式の消火器は廃消火器リサイクルシステムの対象ではありません

air fire-ex.jpg 

右にあるような「スプレー缶型の消火器(エアゾール式消火器)」は,通常の消火器とは異なり「廃消火器リサイクルシステム」の対象にはなっていません。

このエアゾール式消火器を廃棄するときには,市の「カセット式ボンベ・スプレー缶の出し方(中味を出し切ってから,燃やせないごみの日に別の指定袋に入れて出す)」により排出してください。

(これは,通常の消火器とは異なり,エアゾール式消火器に限った捨て方です。)