平成18年度 民生常任委員会行政調査

2014年3月27日

【民生常任委員会行政調査】

  平成18年5月9日火曜日から5月11日木曜日から

福岡市調査の写真 諫早市調査の写真

○福岡市調査

 

<所見>

 

「子供に関わる専門部局について」

 

福岡市における子供専門部局の設置は、試行錯誤を経ながら、いくつかのステップを踏んで、現在の「こども未来局」にたどりついた。

専門部局を設置して、「横のつながりがより密接になり、意思決定がスムーズにできるようになった」いうプラス面と、「専門局を設けてもグレーゾーン、重なる部分が残り、障害児施策などは、こども未来局に包摂したことにより、逆に連携がとりにくくなった」というマイナス面があることや専門局をつくったが、職員配置や予算が限定されており、その中でやりくりしなければならないという苦労があることがわかった。

函館市でも、こども専門部局の設置が検討されているが、以上のことを参考にすることが大切であろうと考えられる。

 


○諫早市調査

 

<所見>

 

「廃棄物の溶融処理について」

 

「最終処分場の延命のために、掘起こして溶融処理している自治体の経験に学びたい、合わせてガス化溶融炉を調査したい」という委員の声があり、今回の行政調査(埋立廃棄物の溶融処理をしている諫早市環境センター、ガス化溶融炉である県央県南クリーンセンター)となった。施設を実際に見るという初期の目的は達したと思うが、掘り起こしや溶融処理のさまざまな問題、例えば、施設の安全問題、掘起しの環境に与える問題、財政問題、その他について、今後、各委員の調査研究を期待したい。

 
 
 
 
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

議会事務局 議事調査課
電話:0138-21-3757
ファクシミリ:0138-27-4185