介護保険制度について

2015年4月1日

運営主体(保険者)は函館市です

介護保険制度は,函館市が主体となって運営する制度です。40歳以上の方が加入者(被保険者)となって保険料を納め,介護が必要になったときにサービスを利用するしくみとなっています。

  

保険者(函館市

・制度を運営します。

保険証を交付します。

要介護認定を行います。

・介護給付に関する業務を行います。

・事業者の指定,指導監督を行います。

・介護サービスの基盤整備をします。

保険料を徴収します。

・地域包括支援センターを設置します。

被保険者(加入者)

・保険料を納めます。

・サービスを利用するため,要介護認定の申請をします。

・サービスを利用し,利用料を支払います。

 

サービス提供事業者

指定を受けた社会福祉法人や医療法人・民間企業・NPO法人などが,在宅・施設での介護予防サービス介護サービスを提供します。

 

被保険者は,年齢により次の2つに区分されます

第1号被保険者(65歳以上の方)

第2号被保険者(40歳~64歳までの医療保険加入者)

・介護が必要と認定された方がサービスを受けられます

特定疾病が原因となって介護が必要であると認定された方がサービスを受けられます

  

  

 介護保険被保険者証を交付します

第1号被保険者(65歳以上の方)

第2号被保険者(40~64歳までの医療保険加入者)

65歳になった月(65歳の誕生日の前日の属する月)に交付されます

要支援・要介護と認定された方や,保険証の交付を申請した方に交付されます

 

 

 函館市介護保険被保険者証(サンプル)

被保険者証 

 

 

特定疾病とは?  

以下の16種類が定められています

 

1 がん(末期)

2 関節リウマチ

3 筋委縮性側索硬化症

4 後縦靱帯骨化症

5 骨折を伴う骨粗しょう症

6 初老期における認知症

7 進行性核上性麻痺,大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病

8 脊髄小脳変性症

9 脊柱管狭窄症

10 早老症

11 多系統委縮症

12 糖尿病性神経障害,糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症

13 脳血管疾患

14 閉塞性動脈硬化症

15 慢性閉塞性肺疾患

16 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

住所地特例

介護保険の被保険者が,他市区町村にある住所地特例対象施設へ入所し,施設所在地に住所を異動した場合は,特例として,施設入所前の住所地市区町村の被保険者となります。(介護保険法第13条)

また,被保険者が2か所以上の住所地特例対象施設に継続して入所し,住所も順次入所施設に異動した場合は,最初の施設に住所を移す前の住所地市区町村が継続して保険者となります。

 

住所地特例について,詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 介護保険課
電話:0138-21-3041