介護保険料について

2017年5月2日

介護保険は利用料のほかに,保険料や公費により支えられています。

 

保険給付の費用は,保険料と公費で50パーセントずつ負担します

【介護保険の財源構成】※居宅介護サービス費の場合

 

 

            介護給付・予防給付の総費用               

 第1号保険料(22%)     第2号保険料(28%)

 


利用者
負担

  国(25%) 北海道
 (12.5%)
 函館市
 (12.5%)

(1割)

                                    ※一定以上の所得のある方は2割

 

 第1号保険料(65歳以上)

 65歳以上の方の保険料は,介護保険事業計画に基づいて3年ごとに見直しを行っています。

 平成27年度~平成29年度までの保険料は下表のとおりに決まりました

 

 

 
平成27年度~平成29年度
 段 階

 対象となる方

 保険料(年額)
 第1段階  生活保護受給者,世帯全員が市民税非課税の老齢福祉年金受給者,世帯全員が市民税非課税で課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方  基準額
×0.45
 28,620円
 第2段階  世帯全員が市民税非課税で,課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円超~120万円以下の方 基準額
×0.75
47,700円
 第3段階  世帯全員が市民税非課税で,課税年金収入額と合計所得金額の合計が120万円超の方  基準額
×0.75
 47,700円
 第4段階  世帯の中に市民税課税者がいて,本人が市民税非課税で課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方  基準額
×0.9
57,240円
 第5段階  世帯の中に市民税課税者がいて,本人が市民税非課税で課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円超の方  基準額
×1.0
 63,600円
 第6段階  本人が市民税課税で,合計所得金額が120万円未満の方  基準額
×1.2
76,320円

 第7段階

本人が市民税課税で,合計所得金額が120万円以上190万円未満の方 基準額
×1.3
82,680円
 第8段階 本人が市民税課税で,合計所得金額が190万円以上290万円未満の方 基準額
×1.5
95,400円
 第9段階 本人が市民税課税で,合計所得金額が290万円以上の方 基準額
×1.7
108,120円
 ※ 第1段階の方を対象に,国から示された軽減幅を踏まえて保険料を軽減しています。  
 

 

 

保険料算定額の参考例

 区
 世帯の構成  世帯の収入(所得) 市民税の
課税状況
29年度 保険料(年額)
段階 年額






夫  (71歳)
妻  (67歳)
夫:厚生年金200万円 (80万円)
妻:国民年金 55万円 (0円)
   非課税
   非課税

  第3段階
  第1段階

  47,700円
  28,620円

夫  (71歳)
妻  (67歳)
夫:給与収入360万円 (234万円)
妻:厚生年金 88万円 (0円)
     課税
  非課税
  第8段階
  第5段階
  95,400円
  63,600円






本人 (71歳)   厚生年金200万円 (80万円)      課税   第6段階   76,320円
本人 (66歳)
  給与収入240万円 (150万円)
  国民年金 55万円 (0円)
  
     課税   第7段階   82,680円
本人 (66歳)

  給与収入120万円 (55万円)
  厚生年金280万円 (160万円)

  営業所得 (120万円)

     課税   第9段階  108,120円




母  (67歳)
世帯主(41歳)
妻  (40歳)
母:国民年金 55万円 (0円)
主:給与収入400万円 (266万円)
妻:被扶養 (0円)
   非課税
      課税
   非課税

  第4段階

 

 

   57,240円



 

 

 

 保険料の納め方

区分特 別 徴 収普 通 徴 収 
対 象 者 老齢・退職年金,障害年金,遺族年金を
年額18万円以上受給されている方 
特別徴収以外の方 
保 険 料 

 

○4月・6月・8月(仮徴収)は2月と同額です。

(平準化により,6月・8月は変更となる場合が

 あります。)

 

○10月・12月・翌年2月は,7月に確定する

年額保険料から4月・6月・8月に天引きされた

金額を差し引いた金額になります。

 

 

護保険料の平準化について詳しくは

  こちら
  

○1期~3期(4月~6月)はそれぞれ前年度

の保険料段階をもとに暫定的に算出した金額です。

 

 

○4期~12期(7月~翌年3月)は7月に確

定する年額保険料から1期~3期分を差し引い

た金額になります。

 

 

 納 め 方

年金受給月に2か月分ずつ年金から保険料が

天引きされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎月納付書で,金融機関や郵便局等の窓口で

納めていただきます。

※金融機関へ行く手間が省け,

納め忘れもない口座振替が便利です。

◇手続きは

1.通帳

2.通帳印

3.納付書

をお持ちになって,口座のある金融機関

または郵便局で手続きしてください。
※キャッシュカードのみで口座振替受付

(ペイジー)サービスについて詳しくは

こちら

 

   

 

 

通知書の送付

詳しくはこちら

 

 

                   

保険料軽減等の制度

 災害,失業,その他の理由で保険料の納付が困難な場合は,保険料の納付を猶予したり,減免を受けられる

場合があります。

 また,自宅の買換えをした方,または第2段階・第3段階の保険料で所得が低く生活に困窮している方は,申請

により保険料が軽減される場合があります。

 

 

 

第2号保険料(40歳~64歳)

 加入している医療保険ごとに給与や所得に応じて保険料額が決まり,医療保険の保険料に上乗せ

して徴収されます。

 

健康保険の種類保険料の算定方法保険料負担者
国民健康保険 所得割,均等割,平等割で算定 世帯主(世帯員分を含む)
※被用者医療保険 標準報酬月額×定率で算定 被保険者(被扶養者分を含む)

(※被用者医療保険とは,職場で加入している保険のことを指します。)

 

 

 

 

 【第2号保険料に関するお問い合わせは】

 

  加入している医療保険者へお願いします。

 

 

 【第1号保険料に関するお問い合わせ・相談は】

 

  資格,保険料に関することは TEL 21-3033

 

  お支払いに関することは    TEL 21-3037

 

 

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 介護保険課
介護保険料担当
電話:0138-21-3033,3037