住宅用火災警報器を設置しましょう

2017年9月4日

あなたの家にも住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

■ 生活安心情報

 

住警器を設置しましょう住警器の設置効果住警器奏功事例住警器の維持管理り災証明について

  


   住宅用火災警報器を設置しましょう 

区切りバー2 

                           

Q&A

○ 住宅用火災警報器ってなに?

○ なぜ住宅用火災警報器が必要なの?

○ どのような住宅に義務付けられるの?

○ どこに設置するの?

○ いつから設置しなければならないの?

○ 住宅用火災警報器に関する注意点は?

○ 届出は必要なの?

 

 

■ 住宅用火災警報器奏功事例(事例紹介)

 

矢印1 住宅用防災機器業等届出事業所一覧(PDF 377K)平成29年4月1日現在 

 

区切りバー2 

 


住宅用火災警報器って何

戻る 

 

回答

 住宅用火災警報器とは,火災により発生する煙や熱を感知して音声や警報音で火災の発生を知らせてくれる機器です。

 

住宅用火災警報器

 

 ※設置しなければならない住宅用火災警報器の種類は,煙を感知して警報等を発する機器です。

 

 

 

 


なぜ感知器が必要なのか

 

戻る

 

回答

 住宅火災による全国の死者数(放火自殺者を除く)は,平成17年に記録した1,220人をピークに減少傾向が続いており,平成28年には,平成17年の1,220人から335人減少した885人となりました。

 住宅火災による死者は,建物火災による死者の約9割を占めており,死者の発生状況の経過では,逃げ遅れによるものが最も多くなっています。

 また,全国では死者の約7割が65歳以上の高齢者であることから,今後も続く高齢化に伴い悲惨な死亡事故を防ぐためにも住宅用火災警報器の設置が必要なのです。

 

          

函館市における状況


過去10年間の住宅火災における年齢別死者数

過去10年間の死者の主な発見場所
  
  

どのような住宅に義務付けられますか      

戻る 

 

質問  

 戸建住宅,共同住宅,長屋住宅,併用住宅の住宅部分が対象となります。

 なお,共同住宅等で消防法の規制により自動火災報知設備が設置されている場合は,免除されます。     

 

 

 


どこに設置するの 

戻る 

 

A1 

 住宅用火災警報器を設置する場所は,次のとおりとなります。

(1)就寝の用に供する居室(寝室)
例えば,子供が就寝する子供部屋や日中は居間として使用し,夜間はそこで就寝する部屋などに設置

 

(2)階段
ア 就寝の用に供する居室(寝室)がある階の階段の踊場(1階など直接地上に避難できる階は除かれます。)
イ 3階建の住宅の場合,3階に就寝の用に供する居室(寝室)があり,2階に寝室がない場合は1階の階段踊場
ウ 3階建の住宅の場合,1階にのみ就寝の用に供する居室(寝室)がある場合は,3階の階段踊場

 

(3)廊下
就寝の用に供する居室(寝室)がない階で,その階に4畳半以上の居室が5室以上ある場合その階の廊下

 

※共同住宅は,それぞれ個人の住宅内が対象となり,共用部分である階段,廊下等への設置は必要ありません。
※住宅用火災警報器は,天井または壁に設置してください。

 設置場所

 

A2 

 取付ける場合には,次のことに注意して下さい

 

 

 

取り付け注意事項

 

 
 

いつから設置ですか

戻る 

 

質問  

 消防法により平成23年6月1日からすべての住宅で住宅用火災警報器の設置が義務となりました。

 

 

 

 


住警器注意点

戻る 

 

質問  

 住警器の選び方

 

(1)就寝の用に供する居室(寝室)・階段・廊下には,煙を感知する住宅用火災警報器を設置してください。

また,台所など煙や湯気が対流する場所では,煙を感知する住宅用火災警報器のほか、熱を感知する住宅用火災警報器が設置できます。

 

(2)住宅用火災警報器は,省令で定める規格に適合するものを設置しなければなりません。

規格に適合している住宅用火災警報器には,日本消防検定協会の鑑定マークであるNSマークまたは,検定制度による適合品である合格表示がされていますので,購入の目安としてください。

 

NSマーク    検定マーク

 

 

 


日常のお手入れ

 

 【定期的に作動するか点検しましょう】

定期的(1カ月に1度が目安です。)に住宅用火災警報器が鳴動するかテストしてみましょう。
点検方法は、本体の引きひもを引くものやボタンを押して点検できるものなど機種によって異なりますから購入時に点検方法を確認しておきましょう。
なお,次の場合には作動確認を必ず行いましょう。
(1)初めて設置したとき
(2)電池を交換したとき
(3)汚れなどの清掃をしたとき
(4)故障や電池切れが疑われるとき
(5)長期留守にしたとき

 

 【交換期限について】

住宅用火災警報器の交換期限は機種により異なります。
○自動試験機能の付いていないタイプ
交換期限は住宅用火災警報器本体に表示されています。取り付け時に交換期限を必ず確認し表示された交換期限がきたら本体ごと交換してください。

 

○自動試験機能付のタイプ
自動試験機能付の住宅用火災警報器は表示された交換期限または機能の異常警報が出たときに本体ごと交換してください。

 

 【乾電池タイプは電池の交換を忘れずに】

乾電池交換タイプの住宅用火災警報器は電池の交換が必要です。定期的な作動試験のときに警報が鳴らない場合は電池切れが考えられます。
また,電池が切れそうになると音やランプで知らせてくれますので電池を交換してください。

 

※乾電池タイプでも電池の交換ができないタイプもあります。



 

悪質訪問販売に注意

 

 住宅用火災警報器等の設置義務化に伴い,今後,巧妙な手口を使った悪質な訪問販売などによるトラブルの発生が予想されます。

 おもな注意点は次のとおりで,被害にあわないようにご注意下さい。

 契約を急がせる事業者は要注意です。その場ですぐ契約せず家族や消費生活センターなどに相談しましょう。

 

 消防職員が個人宅を訪問し,住宅用火災警報器等の斡旋や販売をすることはありません。

 消防署や市役所が特定の業者に斡旋や販売の依頼をすることはありません。

 

 悪質な訪問販売にご注意

 

 

 

函館消費者センター

届出は必要なのか

戻る 

 

質問  

 住宅用火災警報器を設置する場合の届出は不要ですが,業として住宅用火災警報器等の販売等を行おうとする場合は,届出が必要となります。

(1)住宅用火災警報器等の販売等の業を営もうとする場合,あらかじめ消防に届出が必要です。
(2)市外に所在する事業所等が市内で住宅用火災警報器等の販売等の業を営まれる場合にも届出が必要です。

 

 

問い合わせ先 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

消防本部 予防課
電話:0138-22-2144
ファクシミリ:0138-22-1934