函館市臨海研究所

2016年1月21日

臨海研究所外観 

 

施設概要

施設名 函館市臨海研究所(電話 0138-27-7301,FAX 0138-27-7302)
所在地 函館市大町13番1号
開館時間 午前9時~午後5時
休館日 土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日

 

   ○施設紹介

 

    函館の歴史的建造物である旧函館西警察署庁舎を,水産・海洋関連事業の技術の高度化や水産振興に貢献する研究施設とし

   て再整備しました。

     

         施設の歴史はこちら

 

   ○主な施設

 

  ・研究室 6区画(約78平米/区画)
  ・大会議室 収容人員16名程度
  ・中会議室 収容人員12名程度
  ・小会議室 収容人員 8名程度

   平面図はこちら  [PDF]施設平面図(220KB)

○ご利用案内はこちら

○施設のリーフレット  [PDF]リーフレット(表)(109KB)

                 リーフレット(中)(106KB)

○アクセス

函館駅から函館市臨海研究所まで
・市電(函館どっく前行き)で「大町」下車 徒歩1分(所要時間約15分)
・タクシー(所要時間約10分)

○その他

   ・施設のカルテ  [PDF]施設のカルテ(257KB)

 研究室入居者紹介(平成27年8月現在)

【有限会社バイオクリエイト】
   バイオクリエイトは、地域特産のガゴメ昆布をはじめとした海藻由来成分を活用したスキンケア化粧品の研究開発を行うことを目的に、平成16年5月に設立されたベンチャー企業です。
   ガゴメ昆布には抗癌作用をはじめ身体に有用な多くの機能を有する「フコイダン」などの成分が含まれ、これまで臨海研究所ではガゴメ昆布を活用した化粧品開発を行っています。
   今後は、ガゴメ昆布以外の未利用海藻の有効利用法を探求し、それらを活用したヘルスケア製品の研究開発に取り組むなど、一次的生産物としての海洋資源ではなく、それらを当地で高度加工し、高い付加価値をつけた最終製品としてのこの地から全国に発信することに重点を置いています。

 

【株式会社環境シミュレーション研究所】
   環境シミュレーション研究所は埼玉県川越市に本社をおき、水産海洋分野における情報システム化が他産業に比べて遅れてるいことを痛感し、新しいコンピューターシステムの開発を通して、水産海洋分野の発展に貢献することを目的としています。
   臨海研究所では、北海道大学大学院水産科学研究院や公立はこだて未来大学などと連携して水産海洋データの収集および配信システムの開発を行っています。
   今後は、海洋環境の保全や水産業の効率化に寄与するための水産海洋分野におけるICT化(情報化)を推進し、インターネット等を利用した漁海況情報専用のポータルサイトを構築するなど、大学や研究所への情報サービス提供から、広く漁業者やマリンレジャーを楽しむ人々までビジネスを拡大したいと考えています。

   

【宏輝株式会社】
   宏輝(本社:東京都)は、マメ科の植物である甘草を原料とする医薬品原料等の製造メーカーです。抽出した医薬品原料である医薬用グリチルリチン酸アンモニウムの出荷実績は、世界最大を誇っており、国内のみならず海外にも生産工場を有しています。
   臨海研究所においては新規事業として、海藻を原料とした高付加価値な製品製造に関する研究開発に取り組みます。
   これまでに医薬品原料の製造等で培った技術ノウハウを生かして、高品質な製品の製造方法を確立し、地域資源の高付加価値化を実現し、地域とともに発展できる新しい事業を目指します。

     

【有限会社からだサポート研究所】
   からだサポート研究所(本社:京都府京都市)は、血糖測定システムなど、血糖値や糖尿病に関する研究を行うアークレイ株式会社のグループ企業として、「食」を通じて糖尿病やその予備軍の方々の生活の質を高めたいという想いを原点とし、高齢化社会における健康寿命の延伸に貢献する幅広い内容の研究を行ってきました。
   現在、おもに自然由来の有用素材を活用し、機能性食品や化粧品の原料開発に取り組んでいますが、臨海研究所においては、函館地域の特色である豊富な海洋資源について、高機能素材の開発を行いたいと考えています。

 

【株式会社エスピージーフコク】
 (株)エスピージーフコク(本社 川崎市)は、車両用各種板バネの製造販売を行っている会社ですが、酵母発酵飼料を用いた養豚事業など、事業の多角化にも取り組んでいます。
   臨海研究所においては、酵母発酵の技術を活かして、未利用海藻を原料とするウニ・アワビ等の増養殖に向けた酵母発酵飼料の製造や酵母を活用した食品加工への利用についての研究開発を行っています。

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

地図

函館市臨海研究所

関連ワード

お問い合わせ

企画部 水産海洋・高等教育担当
電話:0138-27-7301