函館市の行財政対策「函館市行財政改革プラン2012」

2016年7月8日

「函館市行財政改革プラン2012」(平成24年度~平成28年度)

函館市では,平成20年度から平成24年度までの5か年を計画期間とした「函館市行財政改革新5か年計画」に取り組んでおりましたが,社会経済の構造変化や厳しい財政状況の下,引き続き多額の財源不足が見込まれることなどから,「函館市の財政の再建」を目標とし,基金などに頼らない財政運営を確立させるため,平成24年度を初年度とする「函館市行財政改革プラン2012」を新たに策定し,より強力な行財政改革の取り組みを進めております。

 

 

「函館市行財政改革プラン2012」【全体版】 全体版(4MB)

「函館市行財政改革プラン2012」【分割版】

本編(2MB)

付録(2MB)

 

 

行財政改革プラン2012の策定経緯

1 函館市行財政懇話会の設置と提言

本市においては,平成24年度以降の新たな行財政対策を策定するにあたり,今後の行財政改革における「基本的な考え方」と「重点的に取り組むべき視点や方向性」について議論・検討し,その内容を取りまとめて市長へ提言する「函館市行財政懇話会」を平成23年2月に設置しました。
 その後,懇話会は5月まで計4回開催され,協議内容が取りまとめられた「提言書」は,平成23年6月に市長に提出されました。

 この「提言書」では,
 ・ 市の財政の健全化が喫緊の課題である。
とし,今後必要となる行財政改革の基本姿勢が示されました。

 

 

 2 函館市財政再建推進会議の設置と提言

 「行財政懇話会」の提言書を踏まえ,新たな行財政改革プランの策定にかかる,具体的な取り組みについて検討・協議し,市長への提言およびプランの進行管理等をすることを目的に「函館市財政再建推進会議」を設置しました。

 

 

3 行財政改革の推進体制

今後の行財政改革を庁内一丸となって推進していくため,「行財政改革推進本部」および「行財政改革推進統括会議」を平成23年10月に設置しました。

 

 

4 行財政改革プランの策定

 (1)平成24年3月,「新たな行財政改革プランの(素案)」を作成し,公表しました。

 

 (2)平成24年7月,「新たな行財政改革プランにおける取り組み検討項目」について公表しました。

 

 (3)平成24年10月,新たな行財政改革プランの「原案」を策定し,公表しました。

  

    「函館市行財政改革プラン2012(原案)」(全体版)はこちら [PDF:3.59MB]
     (分割版はこちら ・表紙~本文 [PDF:1.55MB] ・附録 [PDF:2.04MB] )

     ※上記プラン(原案)についてのパブリックコメント(意見公募)手続はこちら(※終了しました。結果はこちら [PDF:237KB] )

 

 (4)平成24年12月,「函館市行財政改革プラン2012」を策定し,公表しました。

 

 

 

 

 

【参考】これまでの行財政対策

 

 これまでの行財政対策の歩み (PDF:214KB)


 
  「第3次行財政対策」(平成12年度~平成21年度)
 
  ※ 「第3次行財政対策」の 「 実績 」 (PDF:93KB)と 「 効果額 」 (PDF:74KB)について

 

 
  「新5か年計画」(平成20年度~平成24年度)
 
  ※ 「新5か年計画」の 「 実績と効果額 」 と 「 年度評価 」 (PDF:962KB)について


 
   <資料>

 
   ・ 「第3次函館市行財政対策推進要綱」(PDF:313KB)
     (平成11年7月策定)
   ・ 「第3次函館市行財政対策推進要綱に基づく『函館市行財政対策推進計画』」(PDF:57KB)
     (平成12年1月策定)
   ・ 「函館市行財政対策実施計画(前期5か年)」(PDF:53KB)
     (平成12年1月策定)
   ・ 「函館市アウトソーシング推進指針」(PDF:15KB)
     (平成15年2月策定)
   ・ 「函館市アウトソーシング推進計画」(PDF:24KB)
     (平成16年2月策定)
   ・ 「函館市行財政対策実施計画(後期5か年)」(PDF:1,044KB)
     (平成17年12月策定)
   ・ 「函館市行財政改革新5か年計画」(PDF:1,694KB)
     (平成20年4月策定)

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

総務部 行政改革課
電話:0138-21-3668