市街化調整区域の建ぺい率・容積率

2014年3月18日

 函館市では,建築基準法の一部改正(平成12年5月公布,平成13年5月施行)に伴い,平成16年4月1日,市街化調整区域の建築物の建ぺい率・容積率などを見直し,新たな数値を地区ごとに指定しています。

地  区  名 建ぺい率
(%)
容積率
(%)
道路斜線 隣地斜線
一般地区 50 100 ∠1.25 20m+∠1.25



1.桔梗・西桔梗地区,2.桔梗B地区,
3.赤川地区(沿道区域),
4.赤川・亀田中野地区,5.陣川・東山地区,
6.東山B地区,7.石川地区,8.昭和地区,
9.谷地頭地区
60 200 ∠1.25 20m+∠1.25
10.高松地区,11.函館空港南地区,
12.新湊・古川・石崎地区,
13.石川新道沿道地区,
14.外環状線沿道西桔梗地区,
15.空港通・空港ターミナル通沿道地区
∠1.5

 建ぺい率・容積率・道路斜線制限・隣地斜線制限(47KB)

各地区の詳細については,下記の場所にてご覧になれます

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

都市建設部 建築行政課
審査担当
電話:0138-21-3392
ファクシミリ:0138-27-3778