函館市貸与型奨学金制度|平成30年度奨学生追加募集

2018年7月11日

 >>制度の概要についてはこちら<<

 

1 申請について

函館市では,高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院・専修学校に在学する学生・生徒で,経済的理由により修学困難な方を対象に,奨学生を募集します。 

2 申請書交付・受付期間

8月1日(水)~8月31日(金)

※下記の書類を揃え、受付期間中に申請手続きを済ませてください。

  ・願書

  ・学校長の推薦書

  ・収入を証明する書類(源泉徴収票の写し等)

  ・連帯保証人の納税証明書 など

3 応募資格

函館市民の子弟で高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院・専修学校の専門課程または高等課程に在学する学生・生徒であること。

4 応募要件

(1)経済的理由により修学困難であること。

 

 <平成30年度 家計支持者(父母等)の年収・所得の上限額の目安>

区   分

年収・所得の上限額

A(4人世帯の目安)

B(2人世帯の目安)

給与所得

の世帯

給与所得

以外の世帯

給与所得

の世帯

給与所得

以外の世帯

高校・高専・専修(高等) 年収833万円程度 所得425万円程度 年収681万円程度  所得303万円程度

短大・大学・大学院・専修(専門)

年収799万円程度 所得391万円程度 年収778万円程度  所得371万円程度

A=4人世帯:両親のうち1人のみ所得があり、子はそれぞれ私立大学に自宅外通学・私立高校に自宅通学する場合
B=2人世帯:子が私立大学に自宅外通学(または私立高校に自宅通学)する場合

 

※年収・所得の上限額は学校区分や世帯の状況により増減しますので,詳しくは子ども企画課へお問い合わせください。 

 

 

(2)身体健康,学業優秀,性行善良であること。

 

(3)次の要件を全て満たしている連帯保証人2名を得られること。

  • 市内に居住していること。
  • 独立の生計を営み奨学金の返還能力があること。(65歳未満の方)
  • 市税を滞納していないこと。
  • 函館市奨学金や函館市入学準備金の返還を怠っていないこと。

 

5 募集人員

 

  13名程度(書類審査あり)

 

6 貸付金額(月額)

 ※平成30年度は9月分からの貸与となります。

短大・大学・大学院  国公立 2万円または3万円から選択
私立 2万円・3万円・4万円から選択
高等専門学校 1万4千円
高等学校  国公立 1万円
私立 1万4千円
専修学校  専門 2万円または3万円から選択
高等 1万円

7 選考結果・奨学生決定後の手続きについて

  • 9月中に文書で結果を通知します。
  • 決定後,誓約書等の書類を提出いただき,貸付の手続きをします。
  • 奨学生本人名義の口座へ振り込みします。(10月に9~11月分、12月に12~3月分を振込)

8 返還方法

学校卒業後,翌年から15年以内(貸付総額が150万円を超える場合は20年以内)の期間で年度割返還(無利子)

9 他の関連制度の検索

10 申請書交付・受付場所

〇函館市子ども未来部子ども企画課

  函館市東雲町4番13号(市役所3階)

   電話(0138)21-3288

〇戸井・恵山・椴法華・南茅部支所 市民福祉課 

※申請書等は市ホームページからもダウンロードできます。

 

11 募集要項・申請様式等

>>ダウンロードはこちら<< (8月1日更新予定)


 

 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

子ども未来部 子ども企画課
私学担当
電話:0138-21-3288
ファクシミリ:0138-26-6657