「北海道・北東北の縄文遺跡群」を世界遺産に!

2018年1月4日

函館市の“史跡大船遺跡”と“史跡垣ノ島遺跡”は,「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産として,世界文化遺産の正式登録を目指しています。

 

 

整備後の大船遺跡の空撮写真
整備後の大船遺跡

垣ノ島遺跡の空撮写真
垣ノ島遺跡の全景


 

  

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課
世界遺産登録推進室
電話:0138-21-3563
ファクシミリ:0138-27-7217