函館市指定文化財が新たに指定されました

2017年5月10日

(1)臼尻C遺跡出土の赤彩土器

種別 考古資料
名称 臼尻C遺跡出土の赤彩土器
所在地

函館市臼尻町551番地1

函館市縄文文化交流センター

所有者

氏名

函館市

数量

規模等

1件(土器4点)
指定理由

 本物件は,臼尻C遺跡の縄文時代後期の竪穴住居跡から出土した赤彩の土器4点である。

 これらの土器については,縄文時代後期後半に属するものであり,それぞれ別の竪穴住居跡内から出土しているが,生活の実用品ではなく,住居内で行われていた何らかの祭祀や儀礼に関係していたことが考えられる。

 本物件は,赤色の彩色が施された縄文式土器の良品であり,かつ縄文時代後期における祭祀や儀礼の風習を知る上で貴重な資料として,函館市の有形文化財として妥当と認められる。

 

   臼尻C.jpg        

(左から)

 深鉢形土器 壺形土器 注口土器 台付浅鉢形土器


  

 (2)日米親善人形

歴史資料

日米親善人形 

名  

人形名 所有者氏名 所在地

メリー

(指定済)

函館市

函館市臼尻町595番地

函館市立臼尻小学校

アリソン

ベティ

学校法人

遺愛学院 

函館市西旭岡町

2丁目6番1号

遺愛旭岡幼稚園 

ウェンディ

北海道教育大学

附属函館中学校

函館市美原3丁目

48番6号

北海道教育大学

附属函館中学校

名称不明 函館市

函館市青柳町

17番1号

市立函館博物館

1件5点(内追加指定4点)

 本物件は,昭和2年にアメリカから日本へ親善のために贈られた人形である。

 これらの人形は市内の幼稚園・小学校に配布されたが,その後の函館大火により焼失したり,戦時中に敵国の人形として処分されるなどして,ほとんどが失われた。

 臼尻小学校に残る『メリー』は当時の学校長により保管され,平成12年に旧南茅部町指定文化財となり,市町村合併により平成16年に函館市有形文化財に指定されている。

 このたび新たに追加指定とする4点の人形は,それぞれの学校や幼稚園に長い間保管されていたもので,研究家による調査などにより日米親善人形であることが確認されたものであり,当時の歴史を考える教材としても活用されている。

 これら4点の人形は,臼尻小学校に残る『メリー』とともに,市内に残る数少ない日米親善人形であるとともに,戦前の歴史を物語る貴重な資料であることから,函館市の有形文化財として妥当と認められる。  

 

 

メリー(指定済)

                              

              

既指定『メリー』(臼尻小)a.jpg 

アリソン

                             

 人形01.png

ベティ

                             

 人形02.jpg

ウェンディ

                             

 人形03.jpg

名称不明

                            

 人形04.jpg

 

 


 

  by
   このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

   ※提供しているデータの内,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,写真については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課
電話:0138-21-3456