法人市民税に係る申告期限の延長について

2018年3月20日

申告期限が延長となるのは,次の場合です。

  • 災害その他やむを得ない理由により決算が確定しない場合で,税務署長が認めたとき
  • 会計監査人の監査を受けなければならないこと,その他これに類する理由により決算が
    確定しない場合で,税務署長が認めたとき
  • 国税庁長官等が災害その他やむを得ない理由により申告等の行為の期限を延長した場合

 

法人税の申告期限の延長の申請をされた場合は,「法人等の新設・異動申告書」に次の書類を
添付して届出してください。

  • 税務署に提出した「申告期限の延長の特例の申請書」の写し。        

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

財務部 税務室市民税担当
法人・諸税部門
電話:0138-21-3219
ファクシミリ:0138-27-5456