恵山の火山災害対策

2018年3月29日
 

噴火警戒レベルの運用が開始されました。

 

恵山において,噴火警戒レベルの運用が平成28年3月23日から開始されました。

 

                                                                 esan1.jpg

 

 噴火警戒レベルはこちら(気象庁ホームページ)

 

 恵山の噴火警戒レベル(pdf)(気象庁作成リーフレット)


  過去の噴火活動(火山活動解説資料など)はこちら(気象庁ホームページ) 

 

函館市恵山火山避難計画を策定しました。

 

活火山である恵山で平成28年3月23日に噴火警戒レベルの運用が開催されたことに伴い,市では気象台から発表される噴火警戒レベルに応じて,市や防災関係機関の取るべき防災対応や住民・登山者などがどのような避難行動を取ればよいのかを定めた「函館市恵山火山避難計画」を策定しました。

また,この避難計画をわかりやすくした「恵山火山防災ハンドブック」もあわせて作成しました。

BS39_08.JPG

 

 函館市恵山火山避難計画(html)

 

 恵山火山防災ハンドブック(pdf)

 

 

 

 

  

恵山火山防災協議会を設置しました。

 

平成27年7月8日に活動火山対策特別措置法(昭和48年法律第61号)の一部が改正され,国から火山災害警戒地域に指定された都道府県と市町村は,火山災害に対する警戒避難体制の整備に関する協議や検討を行うために,防災関係機関が参画した「火山防災協議会」を設置することが義務付けられ,函館市も恵山の当該災害警戒地域に北海道とともに指定されたことから,平成28年3月17日に「恵山火山防災協議会」を設置しました。

 

 恵山火山防災協議会 規約(pdf)

 

火山防災に関する普及啓発映像資料が作成されました。

 

内閣府では,火山災害時に登山者等が的確な避難行動をとっていただけるよう普及啓発用の映像資料を作成し,内閣府防災情報のページで公表しております。

 

 「内閣府防災情報ページ 火山防災に関する普及啓発映像資料」(html)

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
注があるものを除いて、このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 (注1)「恵山の噴火警戒レベル(気象庁作成リーフレット)」
 (注2)「函館市恵山火山避難計画」の写真および図
 (注3)「恵山火山防災ハンドブック」の写真および図
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

総務部 防災担当
電話:0138-21-3648
ファクシミリ:0138-27-6489