除雪被害防止

2016年6月1日

除雪などによる被害防止について

 
 

 毎年,全道各地で屋根からの雪下ろし中や落氷雪等による事故が多数発生しています。

 除雪などによる事故を未然に防ぐため,次の事項に注意するようお願いします。



◎除排雪により受けた被害の例

 

BS36_12.JPG

  

  ○ 屋根の雪おろし中に屋根から転落して負傷                         

   ○ 屋根の雪おろし中に梯子(はしご)から転落して負傷

   ○ 歩行中または除雪中で落氷雪により負傷

   ○ 除雪機による手足の挟み込みにより負傷




◎被害防止のために

 

  1 屋根の雪おろしをする際には

 

BS37_07.JPG

  

   (1)複数で行う!         →  梯子を支えた,安全を確認したり,万一の際は救助のために!

                                やむを得ず一人で行う場合は、家族や近所の人に声をかけて!

   (2)滑り止め!      →  靴や梯子に滑り止めをつける等の工夫を!

   (3)命綱をつけて!   → 万一滑った場合や雪の急落に備えて!

   (4)周囲も確認!    → 下の通行人や子供などに十分注意を!

   (5)低い屋根でも油断は禁物!

    (6)建物のまわりに雪を残して雪下ろし!

  (7)晴れの日ほど要注意,屋根の雪がゆるんでる!




  2 除雪機を使用する際には

 

BS37_09.JPG

  

  (1)服装に注意!       → 機械に巻き込まれないように!

   (2)トラブル時はエンジン停止! → 雪が詰まった等,トラブル時はエンジンを必ず停止!

   (3)周囲も確認!       → 通行人や子供などに十分注意を!

    (4)除雪道具はこまめに手入れ,点検を! 




  3 その他の注意事項

 

BS37_06.JPG

  

  (1)屋根の雪に注意!       →  屋根の下を通る時は,『雪』や『つらら』に注意を!

   (2)除雪時の健康に注意!  →  無理な作業しない,除雪後汗をかいたら着替えを!

   (3)気象情報に注意!        →  暴風雪や大雪警報が発表されたら,なるべく外出を控える!

  (4)携帯電話の携行を忘れずに!

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

 

お問い合わせ

総務部 防災担当
電話:0138-21-3648
ファクシミリ:0138-27-6489