函館周辺の活断層

2016年6月1日
 

函館平野西縁断層系

函館市の近傍には,函館平野西縁断層系があり,この断層系は渡島大野断層と富川断層で構成されます。調査によると30年以内に発生する確立はほぼ0〜1%とされており,発生した場合はマグニチュード6.6の直下型大地震となり,甚大な被害が想定されます。(※他の例,根室沖40%,宮城県沖地震99%など)

→「地震被害予測」はこちら

 

danso.jpg

平成10年3月函館市作成「函館の地震危険度」から

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
 ※画像データは対象外です。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

総務部 防災担当
電話:0138-21-3648
ファクシミリ:0138-27-6489