はこだての地震危険度

2016年6月1日

地震被害の予測

市では,地震学や地質学,建築工学といった専門分野の方々のご意見をいただき,地震の規模や,人的被害,ライフライン被害について想定をしております。このデータは,地域防災計画に搭載するとともに,備蓄等の基礎データとしても活用しております。

想定される地震と規模

市に被害を及ぼす地震として,十勝沖地震と同じ太平洋型,北海道南西沖地震(奥尻)と同じ日本海型,そして,函館平野西縁断層系の内陸直下型の3つのタイプが考えられます。このうち,最も甚大な被害を及ぼすのが,内陸直下型であり,最大震度6強が予測されています。

予測される地震規模と被害

地震動予測[弁天町周辺で6強を予測]

地震動予測図

液状化現象予測[危険地域が以外と広い]

液状化危険区域図

※注意 被害予測[死者510人,負傷者8,878人,避難者は平成19年3月時点で29,000人に修正しております]

被害データ

上記いずれも平成10年3月函館市策定「想定地震等およびその被害予測」から

※※注意 平成16年の市町村合併以降は調査しておりませんので東部地域は含まれておりません

はこだての地震危険度

表紙

このリーフレットは,平成10年3月に策定しました「函館市における想定地震等およびその被害予測」を基に,函館市が留意すべき地震の震源,最大見込まれる規模,その被害について,見やすくまとめたものです。

※※『印刷物の在庫はありません,下記データから確認ねがいます。』※※アイコン

はこだての地震危険度(pdf)

※注意  被害予測[死者510人,負傷者8,878人,避難者は平成19年3月時点で29,000人に修正しております]

※※注意  平成16年の市町村合併以降は調査しておりませんので東部地域は含まれておりません

※※※注意  津波の危険度については作成当時のものですので,平成24年6月28日に北海道が公開した新たな津波浸水予測や津波対策について取りまとめたページをご覧下さい。

→情報を取りまとめたページはこちら

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

総務部 防災担当
電話:0138-21-3648
ファクシミリ:0138-27-6489