函館市青函連絡船記念館摩周丸

2017年9月18日

摩周丸

 

 

  

 

施設概要

施設名 青函連絡船記念館摩周丸(電話 0138-27-2500)
所在地 函館市若松町12番地先
開館時間

午前8時30分~午後6時(4月~10月末日)

午前9時~午後5時(11月~3月末日)

休館日 年中無休

施設紹介

摩周丸は、八甲田丸・大雪丸・羊蹄丸・十和田丸・空知丸・檜山丸・石狩丸とともに、青函連絡船の最後になる航海を飾った一艘です。船内には、船長が指揮を執った操舵室・無線室を現役そのままに再現した「操舵室・無線室」や青函連絡船の就航時に使用され、長い歴史を伝える珍しい資料などが展示された「青函連絡船のあゆみコーナー」のほか、大きな船の構造が模型や映像で手に取るようにわかる「船のしくみ展示室」や函館港と函館山を一望できる「シーサイドサロン」などが設けられています。
 
 

主な施設

 【2階】入口・ウェルカムロビー
  【3階】青函連絡船のあゆみコーナー・船のしくみ展示室・
      ライブラリーコーナー・「ひも結び」コーナー・シーサイドサロン
  【4階】操舵室・無線室・多目的ホール

アクセス

・JR函館駅から徒歩3分
 ・函館空港からバスで20分(函館駅前下車)
 ・函館空港からタクシーで15分
 ・駐車場 函館市営「桟橋駐車場」(1時間200円) などをご利用ください

その他

 ・施設カルテ[H28摩周丸施設カルテ.pdf(262KB)]

 

利用方法

【利用料金】

・一般 500円(20人以上の団体 400円)
 ・児童、生徒 250円(20人以上の団体 200円)
 ・年間券 一般 1,000円 児童、生徒 500円
  ※市内在住または市内の学校に通う
    小中学生が個人で利用する場合は,無料。

 

   ・青函連絡船記念館摩周丸ホームページ(外部リンク)

   

   ・語りつぐ会特定非営利活動法人語りつぐ青函連絡船の会(外部リンク)

 

   ・八甲田丸青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸(青森市)(外部リンク)

 

   ・青函ツインシティホームページ青函ツインシティ提携25周年記念事業実行委員会事務局

 

指定管理について

本施設は,指定管理者制度導入施設です。

   ・選定結果(平成20年度~平成22年度)[191102masyu_kekka.pdf(148KB)]

   ・選定結果(平成23年度~平成27年度)[H22masyuumaru.pdf(13KB)]

 

 

   ・モニタリングおよび評価結果(平成28年度)[H28masyu_monita.pdf(411KB)]

 

   ・モニタリングおよび評価結果(平成27年度)[H27masyu_monita.pdf(472KB)]

 

   ・モニタリングおよび評価結果(平成26年度)[H26masyu_monita.pdf(249KB)]

 

   ・モニタリングおよび評価結果(平成25年度)[H25masyu_monita.pdf(239KB)]

 

   ・モニタリングおよび評価結果(平成24年度)[H24masyu_monita.pdf(228KB)]

 

   ・モニタリングおよび評価結果(平成23年度)[H23masyu_monita.pdf(236KB)]

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

地図

青函連絡船記念館摩周丸