伝統的建造物について

2016年12月22日

伝統的建造物の特性

 

■建築物

区   分 上下和洋折衷
町家型
洋風町家型 和風町家型 和風邸宅型 防火造町家型 レンガ造建築型
構造・階数 木造
2階建て
木造
2階建て
木造
平屋建てまたは2階建て
木造
平屋建てまたは2階建て
(付属の倉は,土蔵造り2階建て)
レンガ造
土蔵造
2階建て
レンガ造
平屋建てまたは2階建て


形式・勾配 寄棟(概ね3.5~5寸) 寄棟(概ね3.5~5寸)
切妻(概ね4.5~6寸,10寸)
寄棟(概ね3.5~5寸)
切妻(概ね4.5~6寸)
寄棟(概ね3.5~5寸)
(付属の倉または一部の応接棟は,切妻および寄棟)
寄棟(概ね4~6寸) 寄棟(概ね3.5~5寸)
切妻(概ね4~6寸)
材 料 桟瓦葺・トタン葺 桟瓦葺・トタン葺 桟瓦葺・トタン葺 桟瓦葺・トタン葺 桟瓦葺(一部にトタン葺) 桟瓦葺・トタン葺
屋根と2階(また
は1階)の分節
持ち送り・飾りパネル・歯飾り・軒蛇腹 持ち送り・飾りパネル・歯飾り・軒蛇腹 化粧垂木を持った庇
(応接棟は,持ち送り・軒蛇腹)
軒蛇腹・塗込めの化粧垂木を持った庇
軒下の塗込めの出桁
軒蛇腹




外 壁 南京下見板張り
箱目地下見板張り
隅柱
南京下見板張り
箱目地下見板張り
モルタル塗り・隅柱
洋風のハーフチンバー風の妻壁
和風の小屋あらわし(妻壁)
ささら子下見板張り・隅柱
小壁
ささら子下見板張り・小壁
(付属の倉は,漆喰塗およびささら子下見板張り)
漆喰塗 レンガ積・隅石・ペデメント(妻壁)
窓の形式
および位置
縦長窓(両開き窓または上げ下げ窓で,上端に笠木,下端に窓台,持ち送りあるいは額縁が付く)
張出窓(庇が付く)
(概ね等間隔に配置)
縦長窓(両開き窓または上げ下げ窓で,上端に笠木,ペデメント,下端に窓台,持ち送りが付く)
張出窓(庇が付く)
(概ね等間隔に配置)
横長窓(戸袋が付く) 竪繁格子の出窓・格子窓
横長窓(戸袋が付く)
(付属の倉は,出窓(庇が付く)で,内側は塗込め戸)
塗込め戸(概ね等間隔に配置)
縦長窓(概ね等間隔に配置・戸袋が付く)
アーチ窓
縦長窓
(概ね等間隔・左右対称形に配置)
1階と2階の分節 胴蛇腹(一部に歯飾りおよび飾りパネルを持つものもある)
化粧垂木を持った庇
胴蛇腹(一部に歯飾りおよび飾りパネルを持つものもある)
化粧垂木を持った庇・庇 化粧垂木を持った庇 化粧垂木を持った庇・下屋庇 胴蛇腹



外 壁 ささら子下見板張り
箱目地下見板張り
漆喰塗(一部)
隅柱
南京下見板張り
箱目地下見板張り
モルタル塗り
隅柱
南京下見板張り
ささら子下見板張り
隅柱・小壁
ささら子下見板張り・隅柱・小壁
(付属の応接棟は,南京下見板張り・箱目地下見板張り・隅柱)
漆喰塗 レンガ積・隅石
窓の形式
および位置
竪繁格子の出窓(庇,戸袋が付くものもある) 縦長窓(両開き窓または上げ下げ窓で,上端に笠木,ペデメント,下端に窓台,持ち送りが付く)
張出窓(庇が付く)
(概ね等間隔に配置)
竪繁格子の出窓
横長窓
横長の出窓(庇,戸袋が付く)
竪繁格子の出窓
横長窓(戸袋が付く)
(付属の倉は,出窓,内側に塗込め戸)
(付属の応接棟は,縦長窓(上端に笠木下端に窓台が付く)・縦長の連窓)
縦長窓(概ね等間隔に配置)
格子窓
アーチ窓
縦長窓
(概ね等間隔・左右対称形に配置)
玄関または
出入口の形式
格子戸
引き戸(戸袋が付くものもある)
洋風の意匠
花網飾り
格子戸
むくり(破風)
格子戸
むくり(破風)
引き戸(戸袋が付く)
化粧垂木を持った庇付き
アーチ型
門・塀等 板塀・レンガ塀(瓦葺の屋根付き,防火壁) 板塀・石塀 板塀 和風の門・レンガ塀(防火壁)・板塀 石塀・レンガ塀(防火壁) レンガ塀(防火壁)

 

■建築物以外の工作物

項   目 特性の主なもの
和風の門
レンガ塀(瓦葺の屋根付きのものもある)
板塀
石塀

 

■環境物件

項   目 特性の主なもの
石 垣 切石整層積み
乱積み
落し積み
生垣
土地の形質 堀割り
樹 木 クロマツ・ケヤキ
イチョウ・ヒバ

 

伝統的建造物一覧

保存計
画番号
名     称 建築年 構造 階数 様式
BAYはこだて 明治42 煉瓦造 洋風
2-1 古稀庵 明治42 木造 折衷
2-2 古稀庵附属土蔵 明治42 RC造 和風
金森倉庫1号(金森洋物館) 明治42 煉瓦造 洋風
金森倉庫2号(金森洋物館) 明治42 煉瓦造 洋風
高田屋嘉兵衛資料館1号 大正12 RC造 和風
高田屋嘉兵衛資料館2号 明治36 石造 和風
ザ・グラススタジオイン函館 明治43 煉瓦造 洋風
和雑貨いろは 明治41 木造 折衷
市水商会 明治42 木造 折衷
10 ラ・コンチャ 大正 6 木造 折衷
11 金森倉庫3号(金森ホール) 明治42 煉瓦造 洋風
12 金森倉庫4号(函館浪漫館) 明治42 煉瓦造 洋風
13 金森倉庫5号(函館ビヤホール) 明治42 煉瓦造 洋風
14-1 旧茶屋亭 明治期 木造 折衷
14-3 旧茶屋亭附属煉瓦塀 明治期 煉瓦造   洋風
15 北昇電機株式会社 明治42 木造 折衷
16 東家住宅 大正10 木造 折衷
17-1 日下部家住宅 大正 6 木造 和風
17-2 日下部家住宅附属土蔵 大正 6 RC造 和風
18 日下部家所有建物 昭和 7 木造 折衷
19 饗場 明治42 木造 洋風
20 白井家住宅 昭和 9 木造 折衷
21 佐藤家住宅 大正10 木造 洋風
22-1 函館ハリストス正教会復活聖堂 大正 5 煉瓦造 洋風
22-2 函館ハリストス正教会門柱 大正 5 石造   洋風
23 遺愛幼稚園 大正 2 木造 洋風
24 山田家住宅 昭和 9 木造 折衷
25 旧三浦家住宅 大正11 木造 和風
26 小林家住宅 大正11 木造 洋風
27 小林家所有建物 大正11 木造 和風
28 川村家住宅 大正11 木造 折衷
29 門前家住宅 大正11 木造 和風
30 元町日和館 大正10 木造 洋風
31-1 旧函館区公会堂 明治43 木造 洋風
31-2 旧函館区公会堂門柱 明治43 石造   洋風
32 旧開拓使函館支庁書籍庫 明治13 煉瓦造 洋風
33 旧北海道庁函館支庁庁舎 明治42 木造 洋風
34-1 黒田家住宅 昭和 2 木造 和風
34-2 黒田家住宅附属門 昭和 2 木造   和風
35 茶房菊泉 大正10 木造 和風
36 花かんろ 大正10 木造 和風
37 磯田家住宅 昭和 1 木造 和風
38 金子家住宅 大正10 木造 折衷
39-1 鷲見家所有建物 大正10 木造  2 洋風
39-2 鷲見家所有建物附属石塀 大正10 石造   洋風
40-1 カトリック元町教会聖堂<>/a 大正13 煉瓦造 洋風
40-2 カトリック元町教会司祭館 大正13 RC造 洋風
40-3 カトリック元町教会附属門柱 大正13 煉瓦造   洋風
40-4 カトリック元町教会附属石塀 大正13 石造   洋風
41-1 東本願寺本堂 大正 5 RC造 和風
41-2 東本願寺附属表門 大正 5 RC造   和風
41-3 東本願寺附属南門 大正 5 RC造   和風
41-4 東本願寺附属コンクリート塀 大正 5 RC造   和風
42 真壁家住宅店舗 明治41 木造 折衷
43 小形家住宅 明治41 木造 折衷
44 旧カール・レイモン居宅 昭和 7 木造 洋風
45 Tombolo(トンボロ) 大正10 木造 折衷
46 蕎麦彩彩久留葉 大正14 木造 和風
47 佐藤理容院 大正10 木造 折衷
48 藤山家所有建物 大正10 木造 折衷
50 島家住宅 大正11 木造 折衷
53 大野家住宅 大正10 木造 折衷
54 伊賀家住宅 昭和 9 木造 和風
55 本郷家住宅 昭和 3 木造 洋風
56 高橋病院天使寮 昭和 3 木造 洋風
57 旧イギリス領事館 大正 2 煉瓦造 洋風
58 相馬株式会社 大正 2 木造 洋風
59 生田ステンドグラス函館 明治42 木造 折衷
60 幌村家所有建物 明治41 木造 折衷
61 川越電化センター 明治40 木造 洋風
62-1 旧相馬邸 明治41 木造 和風
62-2 旧相馬邸附属土蔵 明治41 土蔵 和風
62-3 旧相馬邸附属門 明治41 木造   和風
62-4 旧相馬邸附属塀 明治41 木造   和風
63-1 旧仁壽生命函館支店 大正10 木造 洋風 
63-2 旧仁壽生命函館支店附属土蔵 大正10 土蔵 和風

 

伝統的建造物位置図

伝統的建造物位置図.pdf (2MB)

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

都市建設部 まちづくり景観課
景観担当
電話:0138-21-3388
ファクシミリ:0138-27-3778