在宅難病患者等酸素濃縮機使用助成事業

2016年3月1日

北海道では,在宅で酸素療法などを行っている方を対象に,酸素濃縮器や人工呼吸器の使用にかかる電気代の一部を助成しています。

対象者

函館市内に在住し,在宅で酸素濃縮器や人工呼吸器を使用している方

(住所地が市外の方は,管轄する保健所にお問い合わせください。)

助成費用

1日の使用時間が,

 12時間未満 → 月額1,000円

 12時間以上 → 月額2,000円

必要書類

在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成認定申請書,患者本人の住民票

 

様式のダウンロードはこちら(北海道ホームページにリンク)

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

保健所 保健予防課
感染症・難病担当
電話:0138-32-1547
ファクシミリ:0138-32-1526