函館市人材育成指針

2014年1月10日

夢を持ち,改革に挑戦し,自立する職員を目指して

近年における我が国の社会経済情勢は,情報化・国際化の進展,少子・高齢化の急速な進行,経済の低成長,地球環境問題の顕在化など,急激に変化しつつあり,今後,ますますその変化は加速度的に進むと考えられます。
地方公共団体は,このような変化に的確に対応し,行政運営に対する透明性,迅速性を確保しながら,高度化・複雑化する市民ニーズに的確に応えていくとともに地方分権時代の進展に伴い,地域のことは地域で考え,行動し,それぞれの地域の主体性を高め,地域主権の推進を図っていくことが求められています。

このためには,市政を担い推進する職員一人ひとりが高い志と誇りを持って,公務員としての使命感を自覚し,職務に全力で取り組むとともに,その能力開発を図る必要があり,そのことがひいては組織としての総合力を高めることに繋っていきます。

このようなことから,本市が求める職員像を明らかにし,職員の能力開発のための取り組みを総合的視点から定め,これからの人材育成の礎となる基本方針として「函館市人材育成指針」を策定しました。

 

 函館市人材育成指針(平成21年6月策定)(2MB)

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

総務部 人事課
電話:0138-21-3667