函館国際水産・海洋都市構想

2015年6月30日

函館国際水産・海洋都市構想の概要

 

 函館は,対馬海流 ・ リマン海流 ・ 親潮の3つの異なった海流が流れ込む恵まれた地理的・自然的条件にあり,水産・海洋に関する多くの学術研究機関や関連産業が集積しています。
 「函館国際水産・海洋都市構想」は,当地域のこのような水産・海洋に関する様々な資源やポテンシャルを活用することにより,国際的な水産・海洋に関する学術研究拠点都市を形成し,もって,我が国の科学技術の高度化に貢献するとともに,革新技術・新産業の創出による地域経済の活性化を目指して平成15年3月に策定され,同年6月に協議会を設立し,以来、地域の産学官が一丸となって構想推進に取り組んでいます。
 平成21年4月には,この構想を推し進める母体として,一般財団法人国際水産・海洋都市推進機構が設立されました。

 

詳しくは,一般財団法人国際水産・海洋都市推進機構のホームページをご覧ください。

 

一般財団法人国際水産・海洋都市推進機構のホームページはこちら

 

 

函館市産学官交流プラザ

 

 函館市産学官交流プラザは、平成27年4月1日に国立大学法人北海道大学へ譲渡されました。

 

 平成26年度の指定管理に係るモニタリングおよび評価結果 実績シート(137KB)

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

企画部 水産海洋・高等教育担当
電話:0138-21-3618