若者の除毛剤による皮膚障害に注意!

2022年6月6日

若者の除毛剤による皮膚障害に注意!-顔面には使用しないで!使用方法とともに、契約内容も必ず確認を!-

全国の消費生活センター等に寄せられた情報によると、15-19歳男性の除毛剤等に関する相談が、若者の商品・サービス別相談件数のランキングで令和元年・2年ともにトップになっています。除毛剤等に関する相談のうち、危害情報については被害者の年代別で見ると全年代に占める10歳代・20歳代の割合が平成29年度の約3割から令和2年度以降は6割を超え、若い世代が中心となってきています。

除毛剤は化学的作用により手足やわきの下などの体毛を取り除くものであり、人によってはまれに皮膚に炎症を起こすことがあります。

 

 

除毛剤を購入・使用する際は以下の点に注意しましょう

  • 除毛剤は医薬部外品です。顔面には使用できないなど用法・用量や使用上の注意をよく確認し、正しく使用しましょう
  • まずは1回分を購入し、使用前にテストをして自分の肌に合うかどうか確認してから使用しましょう
  • 肌に異常が生じた場合は直ちに使用を中止し、症状がひどい場合などは皮膚科医を受診しましょう
  • 特に通信販売で除毛剤を購入する場合は、1回限りか、2回目からはいくらか、解約の方法など契約内容を必ず確認しましょう

 

通信販売の契約内容をよく確認しましょう

特定商取引法の改正により、令和4年6月1日から通信販売の注文時に内容を確認する際の表示がより明確になりますが、今後も通信販売の契約内容をよく確認してから購入するようにしましょう。除毛剤等を使って異常が生じた場合や定期購入の解約など困った場合等は「消費者ホットライン」188(いやや)に電話して相談しましょう。

 

     通信販売.png      通信販売2.png

 

消費者庁注意喚起全文

 

本件に関する問合せ

消費者庁消費者安全課 電話:03-3507-9137

 

 

>>過去の注意喚起情報はこちら

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

市民部 くらし安心課
電話:0138-21-3188
ファクシミリ:0138-23-7173