進路のミカタLIVE・はこだて仕事フェスタ開催結果

2021年11月24日

 

令和3年11月12日(金)

 

 気づけば秋。その秋も急ぎ足で通り過ぎようとしており,冬の足音が近づく季節となりました。

 例年の函館であれば初雪が降っていますが,今年はまだ?ですね。朝晩の寒さは身にしみますが・・。そのような中,私たち関係者が待ちに待った「マイナビ進学LIVE・はこだて仕事フェスタ」が2年ぶりに開催されました。

 昨年はコロナの影響で中止を余儀なくされ,今年も当初9月の開催予定がまたしてもコロナの影響で開催出来ず。2年連続の中止も覚悟しましたが,学校,出展企業,その他多くの関係者の皆様のご協力により,奇跡的?に開催することが出来ました。関係者の皆様には重ねて御礼申し上げます。

 このイベントは,卒業後の進路を考えている高校1,2年生の皆さんを対象に,今の「学び」が将来の「仕事」とどうつながっているのか,また「学び」から「仕事」への広がりを知ることができるイベントなんです。

 

01.JPG

 

当日は,市内だけでなく近郊の高校からも大勢の高校生および教員の皆さんが参加してくれました。その数なんと835名!開催日を延期したにもかかわらず,すごい盛り上がりでした。そのほかにも企業の皆様が観覧に訪れてくれました。参加してくれた高校生の皆さん,そして学校関係者の皆さん,ありがとうございました。

 

開場前。会場の学校関係者・企業関係者が高校生の皆さんを待っています。準備万端です。

 

02.JPG

 

10時00分開場。高校生が会場に入り始めます。

バスだけではなく,徒歩で来てくれた高校もありました。

 

03.JPG

 

会場内の様子です。

コロナ感染拡大防止のため,2年前の開催時と比べ,参加者数,各ブースにおける人数を制限し,感染対策もした上での開催となりましたが,高校生の熱意は冷めることなく伝わってきました。

 

 04.JPG

 

05.JPG

 

06.JPG

 

ゴミの分別や来場者の健康状態の確認,消毒用アルコールの設置,入口と出口を分けるなど可能な限りの対策をしています。

 

07.JPG

 

08.JPG

 

09.JPG

 

当日は,道内外の大学・短期大学・専門学校59校の学校個別相談コーナーと,地元企業を中心とした体験型コーナーに18の企業・大学が出展してくださいました。ありがとうございました。

 

体験型コーナーでは,地域の魅力や課題を見つける視点「6Qs」をもとに「どうすれば地域を元気にできるか」「どうすれば人々の人生がもっと充実するだろうか」「暮らしや仕事を支えるためにどのような技術が必要か」「健康で安全な暮らしを実現するためには何が必要か」「どうすれば持続可能な社会を実現できるか」の5つのテーマに分け,これらテーマに関連するキーワードで高校や大学での「学び」が将来の「仕事」にどうつながっているか,直にふれながらブースを回ることができるように考えて配置しているんです。

 

では,函館市の仕事フェスタとしてご協力いただいた企業様のブースを中心に,それぞれのテーマごとのエリアの様子をご紹介します。

 

 

(1)【どうすれば地域を元気にできるか】タイムカプセル株式会社

  体験テーマ:スマートフォンアプリの開発体験

 

10.JPG

 

11.JPG

 

(2)【どうすれば地域を元気にできるか】マルナマグループ 

  体験テーマ:何気なく食べているお魚の加工品は,どんな風に造られているか。動画で水産工場を疑似体験。

 

12.JPG

 

13.JPG

 

(3)【どうすれば人々の人生がもっと充実するだろうか】(株)ホーム企画 

  体験テーマ:どうすれば人々の暮らしが充実する家作りができるか

 

14.JPG

 

15.JPG

 

(4)【どうすれば人々の人生がもっと充実するだろうか】日本生命保険相互会社函館支社

 体験テーマ:自分の将来とライフプランについて考えよう

 

16.JPG

 

17.JPG

 

(5)【どうすれば人々の人生がもっと充実するだろうか】北海道新聞社

 体験テーマ:新聞社のお仕事

 

18.JPG

 

19.JPG

 

(6)【暮らしや仕事を支えるためにどのような技術が必要か】タカノ(株)函館事業所

  体験テーマ:画像処理を使用した欠陥検査機の展示と欠陥観察の実体

 

20.JPG

 

21.JPG

 

(7)【暮らしや仕事を支えるためにどのような技術が必要か】ネッツトヨタ函館(株) 体験テーマ:自動車エンジニアのお仕事体験!~ライトシステムの故障診断~

 

22.JPG

 

23.JPG

 

(8)【暮らしや仕事を支えるためにどのような技術が必要か】(株)エスイーシー

  体験テーマ:プログラミング体験!ゲームを作って動かしてみよう。

 

24.JPG

 

25.JPG

 

(9)【暮らしや仕事を支えるためにどのような技術が必要か】(株)森川組

 体験テーマ:レンガを使ったアーチ橋を作ろう!

 

26.JPG

 

27.JPG

 

(10)【暮らしや仕事を支えるためにどのような技術が必要か】北海道型枠工事業協同組合函館支部

  体験テーマ:「型枠」という仕事

 

28.JPG

 

29.JPG

 

(11)【暮らしや仕事を支えるためにどのような技術が必要か】大鎌電気(株)

  体験テーマ:スマートグラスを使って電気回路をつくってみよう!

 

30.JPG

 

31.JPG

 

(12)【暮らしや仕事を支えるためにどのような技術が必要か】(株)川股設備工業

  体験テーマ:生活には欠かせない水,空気,冷暖房等のものづくり体験

 

32.JPG

 

33.JPG

 

(13)【健康で安全な暮らしを実現するためには何が必要か】社会福祉法人戸井福祉会

  体験テーマ:福祉機器の使用体験

 

34.JPG

 

35.JPG

 

(14)【健康で安全な暮らしを実現するためには何が必要か】北海道警察

  体験テーマ:北海道に暮らす人々の何気ない日常の安全と安心を守る

 

36.JPG

 

37.JPG

 

(15)【どうすれば「持続可能な社会」を実現できるか】自衛隊函館地方協力本部

  体験テーマ:自衛隊のお仕事体験

 

38.JPG

 

39.JPG

 

(16)【どうすれば「持続可能な社会」を実現できるか】(株)ノース技研

  体験テーマ:最新機器を用いた次世代型測量体験

 

40.JPG

 

41.JPG

 

(17)【どうすれば「持続可能な社会」を実現できるか】山田総合設計(株)

  体験テーマ:住む人も魅力を感じる函館のまちを彩る外観デザインを考えてみよう!

 

42.JPG

 

43.JPG

 

 今回,担当者としては,大勢の高校生の皆さんが参加し無事に開催することができ,ほっとしております。

 高校1,2年生の皆さんにとって,近い将来,人生の大事な選択をする時期がやってきます。そのときに,今回のイベントが少しでも役に立ってもらえたら,こんなうれしいことはありません。

 コロナの収束を願い,来年も皆さんと函館アリーナでお会いできる日を,担当者一同,楽しみにしております!

 

44.JPG

 

お問い合わせ

経済部 雇用労政課
電話:0138-21-3308