史跡大船遺跡の供用再開について

2021年9月27日

大船遺跡空撮写真

 

令和3年8月30日(月)午前10時頃,史跡大船遺跡の縄文の森においてクマの目撃情報があったため,同日から史跡大船遺跡の供用を中止しておりました。

その間,当市では捕獲罠を設置してハンターに巡回を依頼するなどして経過観察しておりましたが,以降クマの痕跡が確認されていないことから,以下の対策を実施したうえで供用を再開することといたしますのでお知らせいたします。

 

供用再開日時

令和3年10月1日(金)午前9時~

※供用再開後も縄文の森は当面の間立入禁止としますのでご注意ください。

 

対策内容

  • サイレンなど音による警告の実施(供用再開後:1日5回程度)
  • スタッフによる巡回の強化(供用再開後:1日3回程度)
  • 電気柵の設置(設置予定日:9月28日)

 

 ※クマを含む野生動物を見かけても,絶対に近寄らないでください。

 ※電気柵には決して手を触れないでください。

 

 

 by
 このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

 ※提供しているデータの内,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,写真については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課
埋蔵文化財・世界遺産担当
電話:0138-21-3563
ファクシミリ:0138-27-7217