屋内における子どもの事故に関する注意喚起

2021年7月30日

子どもに忍び寄る危険~やけどを引き起こす様々な要因~

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策のため、屋内で過ごす時間が長くなっています。外に出る機会が減ることで、子どもも屋内で遊ぶことが多くなり、興味を持ったものや遊びの延長での製品事故が発生するおそれが高まります。夏休みに突入したこの時期、特に今年は、親子でオリンピックやパラリンピックのテレビ観戦をするご家庭も多く、例年より子どもが家庭にいる時間が増えていることから、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が注意を呼び掛けています。

屋内における子どもの事故の事象は様々ですが、やけどの事故は後遺症なども懸念されるため、注意が必要です。事故を未然に防ぎ、安全に過ごしましょう。

やけど事故の事例

  • 幼児がウォーターサーバーの背面に入り込み、高温の温水タンクに触れ、やけどを負った。なお、本体表示および取扱説明書には「子どものやけどに注意する」旨の記載があった。
  • 保護者が目を離した隙に乳児がローテーブル上に置いた電気ポットの電源コードを引っ張り、倒れた電気ポット内のお湯をかぶり、やけどを負った。
  • 幼児が玩具で遊んでいた際、電池を収納しているふたが外れ、玩具から外れたコイン形リチウム電池を幼児が飲み込み、化学やけどを負った。

 

ウォーターサーバー.jpg  電気ポット.jpg  電池飲み込み.jpg

 

子どものやけど事故を防ぐポイント

  • やけどのおそれがあるものに子どもが近づかないように注意を払い、また、ベビーゲートなどの柵を設けるなど近づかせないような対策をしてください。
  • コイン形電池やボタン形電池は、誤って口に入れると、喉を詰まらせたり、食道など体内で化学やけどを引き起こしたりする原因となるおそれがあります。 また、誤飲のおそれのある玩具などは、子どもの手の届かない場所に保管するなど保管場所に気を付け、玩具で遊んでいるときには乳幼児が口に入れないように注意を払ってください。

薬品(酸やアルカリ溶液など)により皮膚や粘膜などに障害を生じること。

NITE(ナイト)プレスリリース発表資料

屋内における子どもの事故に注意.pdf(1MB)

 

(ポスター)電気ケトルのやけどに注意.pdf(307KB)

本件に関する問い合せ先

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)製品安全センター

電話 06-6612-2066

 

 

過去の注意喚起情報はこちら

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

市民部 くらし安心課
電話:0138-21-3188