避難情報が変わります(避難勧告・避難指示の一本化等)

2021年5月20日

 

災害対策基本法が改正され,令和3年5月20日から市が発令する避難情報が変更となります。

  

 

 「警戒レベル3」は,「避難準備・高齢者等避難開始」から「高齢者等避難」に変更 

 

 市民の皆さんのとるべき行動は,これまで通り「危険な場所から高齢者等は避難」になります。

 避難に時間を要する高齢者や障がいのある人などは,危険な場所から避難してください。 

 高齢者等以外の人も避難の準備をしたり,自主的に避難してください。 

 

 「警戒レベル4」は,「避難勧告」が廃止され,「避難指示」に一本化

 

 市民の皆さんのとるべき行動は,「危険な場所から全員避難」になります。 

 「避難指示」は,従来の「避難勧告」のタイミングで発令されます。

 「避難勧告」は廃止されますので、「避難指示」で危険な場所から全員避難してください。 

 

 「警戒レベル5」は,「災害発生情報」から「緊急安全確保」に変更

 

  市民の皆さんのとるべき行動は,「命の危険 直ちに安全確保!」になります。

 「緊急安全確保」は,すでに安全な避難ができず命が危険な状況です。

 自宅や近くの建物の少しでも安全な場所に移動するなど,身の安全を確保してください。 

 なお,「緊急安全確保」は,必ず発令される情報ではありません。

 「避難指示」までに危険な場所から全員避難してください。

 

  

   詳しくは,こちらの チラシ または,内閣府のホームページをご覧ください。   

 

   また,災害時の避難 も併せてご確認願います。

 

 

  poster1.jpg

 

 

poster2.jpg

お問い合わせ

総務部 災害対策課
電話:0138-21-3648