情報商材等の購入をもちかける事業者「secondcash,LTD.」に関する注意喚起

2021年5月7日

無在庫での転売ビジネスのノウハウを提供するなどとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

無在庫での転売ビジネスのノウハウを提供するなどとうたい、多額の金銭を消費者に支払わせる事業者に関する相談が、各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。

消費者庁が調査を行ったところ、secondcash,LTD.(以下「セカンドキャッシュ」といいます。)が、消費者の利益を不当に害するおそれがある行為(虚偽・誇大な広告・表示および不実告知)をしていたことが確認されたため、消費者被害の発生または拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。

事業者の概要(注1)

屋号 所在地 運営者
secondcash,LTD. 6/F,CHAMPIONTOWER,3 GARDEN ROAD, CENTRAL, Hong Kong 鶴田 大智

(注)屋号と所在地は、セカンドキャッシュのウェブサイトに表示されていた内容です。

消費者庁からのアドバイス

  • 簡単に高額収入を得られることを強調する広告や宣伝には要注意
     ここ数年、簡単に稼げるビジネスなどという広告や宣伝を信じ、多額の金銭を支払ったものの、実際には稼ぐことができないという事例が多くみられます。簡単に高額収入を得られることを強調する広告や宣伝は信じないようにしてください。
  • 無在庫での転売をうたうビジネスには要注意
     最近では価格比較サイトが充実し、誰もが最安値の商品を容易に検索できるようになっており、一般の消費者が、短時間・片手間で無在庫での転売ビジネスで稼げるということはまずあり得ません。 また、これまで、無在庫での転売に関する情報商材を提供すると称する事業者は、多数みられましたが、これらの事業者が紹介する無在庫での転売は大手通販サイトでは禁止されており、サイトの運営事業者に発見された場合には警告・アカウント停止といった措置がとられることから、そもそもビジネスとして成立しません。
  • 取引に関して不審な点があった場合は、契約をしたりお金を支払ったりする前に、消費生活センターや警察に相談しましょう。
     消費生活センター等では、消費者から相談を受け、トラブル解決のための助言や必要に応じてあっせんを無料で行っています。

相談窓口のご案内

函館市消費生活センター 電話 0138-26-4646

警察相談ダイヤル 電話0138-51-9110(短縮ダイヤル#9110)

消費者庁注意喚起全文

 公表資料統合版_20210428.pdf(729KB)

本件に関する問合せ先

消費者庁 消費者政策課 財産被害対策室

電話 03-3507-9187

 

 

過去の注意喚起情報はこちら

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。