史跡大船遺跡で“定時解説”を行います

2021年4月28日

平成13年8月に国の史跡に指定され,現在「北海道・北東北の縄文遺跡群」のひとつとして世界遺産登録を目指している史跡大船遺跡で,“定時解説”をはじめます。
 毎日決まった時間に,復元された竪穴建物跡や盛土遺構を巡りながら,説明員が解説します。解説を受けることで,大船遺跡の魅力がさらにわかるでしょう。
 この機会にぜひ史跡大船遺跡へお越しください。

 

大船遺跡定時解説

 

開催日時

実施日:令和3年5月1日(土)から毎日
 時 間:午前10時,午後1時の1日2回(各30分程度)
 ※ 荒天の場合は中止になりますので,ご了承ください。

 

集合場所

史跡大船遺跡管理棟前(函館市大船町575-1)

 

 

その他

・事前のお申し込みは不要です。
 ・参加費は無料です。

・団体の見学等についても随時ご対応いたしますので,ご相談ください。

 

お問い合わせ

函館市縄文文化交流センター(電話0138-25-2030)

 

 

 

※提供しているデータの内,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,写真・図については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課
世界遺産登録推進担当
電話:0138-21-3563
ファクシミリ:0138-27-7217