新型コロナワクチンに関する基本的な情報

2021年9月15日

新型コロナワクチンに関する基本的な情報です。

掲載内容は更新日時点のものです。

 

新型コロナワクチンに関する基本的な情報

ファイザー社の新型コロナワクチンについて

 

接種回数と接種間隔

 

2回接種する必要があります。

1回目の接種後,通常,3週間の間隔で2回目の接種を受けてください。

接種後3週間を超えた場合は,できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。

1回目にファイザー社のワクチンを接種した場合は,2回目も必ず同じワクチンを受けてください。

 

有効性について 

 

2回の接種によって,95%の有効性で,発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を防ぐ効果が認められています。

(インフルエンザワクチンの有効性は約40%~60%)

ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは,2回目の接種を受けてから7日程度経って以降とされています。

 

新型コロナワクチンの説明書(ファイザー社用)

 

 

 

 本ページに関する問い合わせ

    函館市新型コロナワクチン接種相談センター 0120-966-216