収れん火災に関する注意喚起

2020年12月2日

鏡やガラス玉で起こる「収れん火災」に注意!

日差しが部屋の奥まで届く冬場に発生しています

太陽光がレンズや鏡により反射または屈折して1点に集まることを収れん現象といい、その場所に可燃物があると火災に至る場合があります。

事故情報データバンクによると、収れん火災の原因となった物は、鏡や透明な球体が多く、吸盤や車のホイール、置き時計や照明器具、除菌剤など多岐にわたり、いずれも家庭内にある身近な物ばかりだったそうです。

これから空気が乾燥しやすく、太陽の高度が低くなって部屋の奥まで光が差し込む冬場を迎えるに当たり、以下の点に注意しましょう。

ソース画像を表示

※出典:消防防災博物館

 

  1. 窓際や太陽光が差し込む範囲には、収れん現象が起こる可能性がある鏡やガラス玉等を置かないようにしましょう。
  2. 外出する際には、カーテンを閉めて遮光しましょう。
  3. 自動車やバイク、水を入れたペットボトルなど屋外にも気を付けましょう。
  4. 朝夕や冬場は太陽の高度が低く、部屋の奥まで太陽光が差し込みやすいので特に注意しましょう。

消費者庁注意喚起全文

「収れん火災に注意」注意喚起.pdf(440KB)

本件に関する問合せ先

消費者庁消費者安全課

電話:03-3507-9137(直通)

 

 

>>過去の注意喚起情報はこちら

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。