自宅内での高齢者の転倒事故に関する注意喚起

2020年10月13日

高齢者の転倒事故に注意しましょう!

消費者庁には、65歳以上の高齢者が自宅で転倒したという事故情報が5年間で275件寄せられており、後期高齢者では前期高齢者の2.2倍にもなっているようです。また、8割以上の方が通院や入院が必要なけがを負っていたとのことです。

転倒によるけがは「頭」「顔・首」の「擦過傷、挫傷、打撲傷」が多くなっていますが、次いで「脚・足」の「骨折」も多く、骨折をした場合は要入院となる高齢者が76%に上るなど、転倒事故によって深刻な状況を引き起こすことが分かりました。さらに、高齢者の自宅内での転倒事故には、下記のような特徴がありました。

 

転倒事故の発生場所

浴室・脱衣所,庭・駐車場,ベッド・布団,玄関・勝手口,階段

 

転倒事故の状況

滑る,つまずく,ぐらつく,ベッド等から移動時に,引っ掛かる

 

加齢に伴って、日常生活の中にも転倒事故のきっかけとなる危険性が高まってきます。住み慣れた自宅であっても、転倒予防のために以下のような点に注意しましょう。

事故防止のためのアドバイス

  1. 個人に合った適度な運動を続け、体の機能の低下を防ぎましょう。
  2. 浴室や脱衣所には、滑り止めマットを敷きましょう。
  3. 寝起きや夜間のトイレなどで、ベッドから起き上がるときや体勢を変えるときは慎重にしましょう。
  4. 段差のあるところや階段、玄関には、手すりや滑り止めを設置しましょう。
  5. 電源コードが通り道にこないように、電気製品を置きましょう。

 

消費者庁注意喚起全文

高齢者の転倒事故に関する注意喚起.pdf(581KB) 

 

 

【本件に関する問合せ先】

消費者庁消費者安全課

TEL 03(3507)9137(直通)

 

 

>>過去の注意喚起情報はこちら

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。