函館市の食育|令和元年度 函館市食生活改善普及運動の実施

2020年12月1日

 函館市の食育|ページリンク

★函館市の食育~はこだてげんきな子~ ★乳児期のはこだてげんきなこ食育教室(離乳食教室) ★食生活改善普及運動の実施
★食育推進の取り組み ★ヘルスサポートレストラン推進事業 ★6月は食育月間です 
★資料集  ★特定給食施設等について  
★ヘルスメイト(食生活改善推進員)の活動 ★健康や栄養に関する表示について  

 

9月は食生活改善普及運動月間です

国では毎年,9月1日から9月30日までの1か月を「食生活改善普及運動月間」としています。

本年度は,「食事をおいしく,バランスよく」を基本テーマとし,「野菜摂取量の増加」「食塩摂取量の減少」および「牛乳・乳製品摂取量の増加」に焦点を当てた運動が全国的に展開されます。

食事をおいしく,バランスよく

多様な食品から,からだに必要な栄養素をバランスよくとる秘訣は,主食・主菜・副菜を組み合わせて食べることです。

20~30歳代の若い世代を中心に,バランスのとれた食事がとりにくくなっている状況がありますので,

バランスを意識した,おいしい食事をとりましょう!

 

  主食:ごはん,パン,麺など

  主菜:肉,魚,卵,大豆製品

  副菜:野菜,きのこ,いも,海藻料理

             お浸し     焼き魚

 

              ごはん       具だくさん汁 

       主食・主菜・副菜を組み合わせた食事の例

 

 

 

 毎日野菜をプラス1皿

 

野菜や果物にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。
毎日しっかりとることが、がんや循環器疾患、糖尿病の予防のために大切です。

1日の野菜摂取の目標量は350gです。

それに対し,日本人(20歳以上)が1日に摂っているのは

平均277gです(平成28年国民健康・栄養調査結果より)。 

野菜料理を1皿多く食べることを意識すると,目標量に近づきます。
ぜひ「毎日野菜をプラス1皿」を心がけてくださいね!

  サラダ  お浸し  具だくさん汁

 

          酢の物    炒め物 

野菜料理は1日小鉢5皿分摂りましょう 

足りていないという人は,

まずは1皿分プラスしてみましょう!

 

 

おいしく減塩 1日マイナス2g

 

塩をとり過ぎると、血圧が上がって循環器疾患のリスクが高まったり、

胃がんのリスクが上昇したりします。

1日の食塩摂取の目標量は男性8g,女性7g,高血圧症の人は6gです。
実際の摂取量は年々減少しているものの,

現状は9.9g(平成28年国民健康・栄養調査結果より)で,

目標量より2gほど多く摂っており,まだまだ減塩が必要な状況です。
味の濃い料理や,塩分を多く含む食品の食べ過ぎには気を付けましょう。

 

    

  

   

だし・柑橘類・香辛料等を使って

おいしく減塩

  栄養成分表示を見て  

  かしこく減塩

 

 毎日のくらしにwithミルク

 

カルシウムは強い歯や骨をつくる作用や、

筋肉の収縮や神経を安定させる作用があります 。

牛乳・乳製品に含まれるカルシウムは,

体に吸収されやすい特徴があります。

しかし,日本人の20~30代の3人に1人が 

牛乳・乳製品を摂っていません。

(平成28年国民健康・栄養調査結果より)

将来の骨粗しょう症の予防のためにも,

カルシウムとたんぱく質がバランスよく含まれる,

牛乳・乳製品を毎日摂りましょう。

    

     

 牛乳・乳製品は毎日摂りましょう

 

函館市の取り組み 

年度ごとの取り組みはこちらをご覧ください→ 令和2年度 令和元年度 平成30年度 平成29年度

 

函館市では,健康日本21(第二次)において栄養・食生活に揚げられている項目のうち,バランスのとれた食事の普及と野菜摂取量の増加を取り上げ,関係団体と連携しながら運動を展開し,市民への食育の啓発を図り,健康管理上の適切な選択を支援し,食育の推進および市民の健康づくりに資することを目的に,ヘルスアップはこだてinGスクエアでの普及啓発を行います。

 

※ヘルスアップはこだてinGスクエアについての詳細(イベント内容等)はこちらです

 →ヘルスアップはこだて inGスクエア~見て,知って,体験しよう~の開催について(イベントは終了しました)

食育推進ブース(「第2次はこだてげんきな子 食育プラン(函館市食育推進計画)」推進協議会と連携)

☆フードモデルを選んでサッと食事チェック

フードモデルを選んでセンサーに載せるだけで,その食事のバランスがチェックできる「食育SATシステム」を使い,普段の食事を振り返ってもらい,結果に基づきアドバイスすることで,バランスのとれた食事の普及啓発を行う。

 

☆かんたん楽うまレシピ試食コーナー 

市が作成した「かんたん楽うまレシピ」で紹介しているレシピの試食配布を行う。

また,配布する試食品の材料に野菜を使用していることから,1日の野菜摂取目標量である350g分の野菜(材料となる野菜を含める)を展示し,実物の野菜を見てもらうことで野菜摂取量の増加に繋がるよう啓発する。

 

かんたん楽うまレシピ リーフレット

 

楽うまレシピ画像.png

 

こちらからダウンロードできます→楽うまレシピ リーフレット.pdf(713KB)

 

 レシピ動画

 

≪冷凍餃子のスープ≫

 

 

動画サイトYouTubeでも見ることができます(外部サイトへリンクします)→ 冷凍餃子のスープ

QRコードはこちらです↓

 

 

 

≪ピーマンと昆布のナムル≫

 

 

 

動画サイトYouTubeでも見ることができます(外部サイトへリンクします)→ ピーマンと昆布のナムル

QRコードはこちらです↓

 

☆パネル展示・パンフレット配布

第2次はこだてげんきな子 食育プラン(函館市食育推進計画)や食事のバランス等についてのパネル展示とパンフレットの配布を行う。

 

☆イベント当日の様子

食育推進ブース1.jpg

(食育SATシステムと,食事のアドバイスをしている様子です。)

 食育推進ブース2.jpg 

 (パネル展とリーフレットです。)

食育推進ブース3.jpg

(配布した試食のナムルです。)

 食育推進ブース4.jpg

(作り方の動画を上映しました。)

 

シエスタハコダテ内ショップとの連携

☆食育ランチョンマットの配布(1階 Cafe&Meal MUJI)

紙製の食育ランチョンマット(厚生労働省の啓発ツールに本市の食育推進キャラクターをデザイン)を配布

 

トレイに載せたランチョンマット.jpg

(配付したランチョンマットです。)

 食育ランチョンマット1.jpeg

(店内に拡大したパネルも掲示していただきました。)

   

 

☆野菜摂取啓発ポスター掲示と見本野菜の提供(地階 ベジ旨マルシェ)

野菜摂取啓発ポスター(厚生労働省の啓発ツールに本市の食育推進キャラクターをデザイン) 掲示と見本野菜の提供

(見本野菜は,ヘルスアップはこだてinGスクエア 食育推進ブースで1日の摂取目標量である350g分を展示します。)

 

野菜ポスター.jpg

(掲示したポスターです。)

 ポスター掲示の様子.jpg

(店内のレジ奥に掲示していただきました。) 

  

 

関連リンク

函館市:函館市の食育~はこだてげんきな子~

厚生労働省:令和元年度 食生活改善普及運動の実施について

厚生労働省:スマート・ライフ・プロジェクトについて

厚生労働省:食生活改善普及運動特設ページ

厚生労働省:日頃から予防する栄養・食生活(スマート・ライフ・プロジェクトのページ内にリンク)

厚生労働省:平成29年「国民健康・栄養調査」の結果

 

 

※提供しているデータのうち,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,写真,図については対象外とします。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
電話:0138-32-1515