自衛消防訓練等の実施について(新型コロナウイルス感染症拡大防止対策)

2020年5月26日

消防職員の立会い等について

新型コロナウイルス感染症の感染予防のため,自衛消防訓練,防火講話および映写会等,職員の立会いについては以下の点をお願いすることがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。

なお,職員の立会いを希望する際は管轄の消防署等にご相談下さい。

  1. 実施場所が換気の悪い密閉空間ではないこと。
  2. 多くの人が密集した状況とならないこと。(広さに余裕のある会場の確保やお互いの距離を1~2m程度開ける等)
  3. 近距離(互いに手を伸ばしたら届く距離)で,会話や発声が行われないこと。
  4. 職員と参加者が接近する必要のある訓練等は行わないこと。
  5. 訓練の参加者はマスクの着用を必須とし,実施後の手洗い・うがいなど感染症拡大防止について協力していただくこと。
  6. 風邪症状等のある方は参加を控えていただくこと。

   ※上記のほか,消防署等への相談時に感染症の流行状況に応じて,お願いすることが増える場合があります

    のでご了承ください。

  

このほか,自衛消防訓練の実施にあたり,新型コロナウイルス感染症の感染予防のため集合形式での訓練が実施できないと判断される場合は,図上訓練や以下のような少人数での部分訓練の実施方法がありますので参考にしてください。

  1. 消火訓練  消火器の位置や使い方について確認する。
  2. 通報訓練  119番通報要領の確認をする。
  3. 避難訓練  避難経路を確認し,避難障害となる物品等がないか確認する。
    ※職員が立会わない場合でも感染症拡大予防についての対策は十分に実施してください。

訓練の実施時期について

自衛消防訓練については,消防法第8条第1項に基づき,防火管理者の責務として消防計画に定めた回数を実施することとなっております。
 なお,予定していた訓練を延期されている場合には,感染流行の収束後,速やかに実施してください。

 

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは,自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に,2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに,データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は,データを元に作成したものに,編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに,第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合,利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

消防本部 指導課
電話:0138-22-2151