電気ストーブや電気こたつの火災に関する注意喚起について

2020年1月28日

電気ストーブや電気こたつの火災に注意しましょう!

一年で一番寒い時期を迎えています。この時期は、電気ストーブや電気こたつによる火災が最も多く発生する時期です。

総務省消防庁によると、平成30 年は、電気ストーブと電気こたつによる火災が合わせて493 件発生し、死者が67 人、負傷者は213 人いたとのことです。特に65 歳以上の高齢者で死者及び負傷者が多くなっており、高齢者が使用する際には十分な注意が必要です。

消費者庁に寄せられた事故事例を見ると、電気暖房器には裸火がないため火災は発生しにくいだろうという油断や誤解があり、電気ストーブや電気こたつで洗濯物を乾燥させていたり、ヒーターに布団や座椅子が接触していたりして、火災が発生していました。

電気ストーブや電気こたつの使用に当たっては、火災につながる危険性の高い、以下のような点に注意しましょう。

 

事故防止のためのアドバイス

【電気ストーブ・電気こたつ共通】

 

(1)就寝時、外出時やその場を離れるときは電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いておきましょう。

 

(2)洗濯物の乾燥等には使用しないようにしましょう。

 

(3)スプレー缶やライター等を近くに置かないようにしましょう。

 

(4)ヒーター部分のお手入れをして、ほこりやごみが付着したまま使用しないようにしましょう。 

 

【電気ストーブ】

 

(5)壁や燃えやすいものから離して使用しましょう。

 

【電気こたつ】

 

(6)布団や座布団、座椅子をこたつの中に押し込まないようにしましょう。

 

 

消費者庁注意喚起全文

 

 注意喚起(電気暖房器による火災).pdf(961KB)

 

 

【本件に関する問合せ先】

 

消費者庁消費者安全課

TEL 03(3507)9137(直通)

 

 

>>過去の注意喚起情報はこちら

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード