令和元年度(2019年度)市民憲章実践委嘱校制度

2022年3月8日

平成19年度より,市内の小学校と中学校から各1校を「市民憲章実践委嘱校」に指定し,2年間にわたり市民憲章に因んだ活動をしていただき,2年目には,その活動の成果を発表していただく制度です。

 

令和元年度(2019年度)活動発表会の概要

 

平成30年度から令和元年度の2年間は函館市立日新中学校に委嘱し,その成果発表が令和元年11月28日に行われました。 

 

日時:令和元年11月28日(木)

   5・6時間目

場所:函館市立日新中学校 

内容:『戸井・函館のまちをより良くするために,私たちにできることを考えよう。』

    戸井のまちや函館をいっそう住みよいまちに発展させるために,自分達にできることを考え,プレゼン発表を行う。

     

 

    

授業の様子

 

事前に生徒が挙げていた戸井の特徴をもとに,学年混合で3グループを作り,戸井をいっそう住みよいまちに発展させるために,調査し,自分達ができることを考え,発表を行いました。

 

 

事前の調査

 

  事前調査 

模造紙を廊下に掲示し,生徒が思いついた戸井の特徴や課題を付箋で貼っています。

 

〇漁業・水産物について ・・・昆布・戸井マグロ・イカ・タコ等海の資源が豊富,漁業がさかん 等

〇観光・産業について ・・・アーチ橋・武井の島・ウォーターパークがある,道の駅や観光名所となる場所がない 等

〇生活・福祉について ・・・祭りが多くて楽しい,住んでいる人が優しい,少子高齢化 等

 

 

 

戸井・函館の現状の把握

  

まちをより良くする方法を考えるには,現状を知っておく必要があるということで,自分のグループが担当する項目について,知っていることを交流したり,さらに知りたいことを調査したりしていました。

 

   現状の把握  考える

 

 

 

戸井・函館をより良くするための方法と自分達ができることを考える

 

現状を知った上で,より良くするにはどうしたら良いか,具体的な方法をいくつも考えていました。さらに,その中から,自分達でできるものは何か,考え,選択していました。

 

 

 

   まとめの様子  まとめの様子2

 

 

アイデアの発表

 

自分達で考えたアイデアを,全員の前で発表しました。

 

○漁業・水産物について

漁業後継者の不足に対し,養殖の機械化や,漁師になるためのマニュアルを作り,ハローワークなどの会社へ掲載してもらうなどの案を,また,東京や築地など地方では人気がある戸井の水産物だが,地元にはあまり知られていないことから,戸井漁業の価値をもっと地元に周知するために,SNSなどで発信するなどの案を考え,発表しました。

 

○観光・産業について

『戸井といえばここ』というようなものがない,アーチ橋・武井の島・ウォーターパーク等の良いところを生かしていない等を課題に挙げ,ウォーターパークに露天風呂を作ったり,温泉・エステ等に地元で有名な昆布を利用するなどの案や,インターネットを利用して宣伝を工夫することや,武井の島の伝説を小説やアニメ化をしてアピールし,戸井の自然を観光資源化する案などを考え,戸井にある素材を生かし,2回,3回と車等で立ち寄ることのできるスポットを増やし,観光客の増加につなげたいと発表しました。

 

○生活・福祉について

戸井の人はみんな優しく,挨拶をするとあたたかい言葉をかけてくれるなど,近所付き合いが良く,交流が盛んであるのが良いところだが,お店やコンビニ,公園等が少なく,空き家が多いことや,海にゴミが多い等の課題もあると考え,閉校した学校を美術館やカフェに再活用する,御朱印をアピールし,お祭り・神社の活性化を図る,きれいで住みよいまちにするために,ごみ拾いボランティアを行うなど,自分たちができることを考え,発表しました。

 

   発表1  発表2

 

   発表3

  

この2年間「市民憲章実践委嘱校」として活動に取り組んでいただいたことで,生徒のみなさんにとって市民憲章がなじみのものとなり,故郷である戸井・函館を誇りに思う気持ちが育まれていることが伝わってくる,とても素晴らしい授業でした。

これからも,市民憲章の精神を心に置き,故郷を大切に思い,そして,より良くするために,地域に密着した様々な活動を続けていってほしいと思います。

 
日新中学校のみなさんや先生方,本当にありがとうございました。
 
 
 

函館市民憲章

 

(前文)

 わたくしたちは,北海道の文化発祥の地,函館に住む市民です。

 山と海にかこまれた美しい自然を誇り,すぐれた市民性をはぐくんできた函館を,いっそう住みよい都市に発展させるため,わたくしたち市民とまちの理想像をかかげ,ここに市民憲章を定めます。

 

(本文)

1 真心あふれる函館市民,あたたかいまち

1 健康で働く函館市民,にぎわうまち

1 文化を誇る函館市民,はぐくむまち

1 自然を生かす函館市民,きれいなまち

1 郷土を愛する函館市民,のびゆくまち 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

 
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 ※提供しているデータのうち、紙面内の文字、文章、表のみをオープンデータ対象とし、写真、図については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

市民部 市民・男女共同参画課
電話:0138-21-3139
ファクシミリ:0138-23-7173