VISION株式会社の名義で行われる訪問販売に関する注意喚起

2019年11月13日

VISION株式会社の名義で行われる「PRPシステム」と称する役務の訪問販売に関する注意喚起

消費者庁が令和元年7月19 日付けで特定商取引法に基づく業務停止命令等を行ったWILL株式会社(ウィル)及びウィルの関連法人7社について認定した同法に違反する行為と同種又は類似の行為が、VISION株式会社(ビジョン)の名義で繰り返し行われる可能性が高いことが確認されたため、消費者被害の発生又は拡大の防止に資する情報を公表し、消費者の皆様に注意を呼びかけます。

 

事業者の概要

名称 VISION株式会社(法人番号1011101087825)
所在地 東京都新宿区弁天町1番地
代表者 新間 壽

 

※商業登記されている内容です。なお、契約書面には以下のいずれかの住所が記載されています。
 1 宮城県仙台市宮城野区福室1-7-32
 2 岡山県岡山市中区東川原43-2

 

〔参考〕

 

名称 WILL株式会社(法人番号5011001107596)
所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-1-10
代表者 中島 忠相

 

※商業登記されている内容です。

消費者庁からのアドバイス

○本件役務について、VISION株式会社(ビジョン)名義でWILL株式会社(以下「ウィル」といいます。)と同様の勧誘行為が行われ、本件商品の購入代金相当額を上回る本件商品の賃借料を3年間にわたり36回に分けて相手方に支払うなどとして、消費者にとって魅力的な取引が持ちかけられていますが、ウィルにおいては、実際には本件商品の運用事業により得られた収益から本件商品の賃借料を支払っているわけではないことや、既に多額の賃借料の支払債務が生じていることを考慮して、そのリスクを慎重に検討してください。

 

○高額な利子など、他の取引と比較して非常に有利な条件での取引は、消費者にとって相当程度のリスクがある場合があります。そのような取引を行う場合には、リスクも十分に検討するようにしてください。

 

○先進的なビジネスが好調であることやその将来性を強調して事業者との取引を促す勧誘を受けた場合には、そのようなビジネスに告げられたような実態があるか否かを慎重に確認するようにしてください。

 

○多額の現金を支払った後に契約を解除したくても、事業者やその関係者と連絡が取れなくなることがあります。そのようなリスクがないかどうかを十分に確認するようにしてください。

 

○取引に関して不審な点があった場合は、契約をしたりお金を支払ったりする前に、消費生活センターや警察に相談しましょう。

消費生活センター等では、消費者から相談を受け、トラブル解決のための助言や必要に応じてあっせんを無料で行っています。

 

消費者庁注意喚起全文

VISION株式会社_公表文統合版.pdf(720KB)

 

本件に関する問合せ先

消費者庁 消費者政策課 財産被害対策室

電話 03(3507)9187

 

相談窓口のご案内

◇函館市消費生活センター 0138-26-4646

◇警察相談ダイヤル 0138-51-9110(短縮ダイヤル#9110)

 

 

 

過去の注意喚起情報はこちら

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。