タトゥーシールやフェイスペイントに関する注意喚起について

2019年9月20日

タトゥーシールやフェイスペイントによる肌トラブルが発生!

タトゥーシール、フェイスペイント又はボディペイントは、ハロウィンパーティー、スポーツ観戦などのイベントの際に手軽に楽しめるとあって、多くの種類の製品が販売されています。しかし、肌に合わずかゆくなった、剥がしたときに肌に傷が付きシミが残った等の事故情報が消費者庁に寄せられているようです。

 

そこで、販売されている製品に有害な成分が含まれていないか、独立行政法人国民生活センターでテストを実施したところ、一部の製品において、化粧品には含有が認められていない成分が検出され、皮膚の炎症やアレルギー等の原因になる物質が含有されることもあることが分かりました。

特に、子どもの皮膚は大人に比べて表皮が薄く、皮膚障害が発生する可能性がありますので、これらの製品を使用するときは、以下の点に注意しましょう。

 

事故防止のためのアドバイス

1.化粧品のように安全性の基準等が定められた製品ではないことに留意して使用しましょう。子どもに使用する場合は、より注意が必要です。

 

2.アレルギー体質の方は、成分表示をよく確認しましょう。

 

3.肌に傷や湿疹などの異常がある場合には使用しないようにしましょう。症状を悪化させる可能性があります。

 

4.使用方法、剥がし方、対象年齢及び使用上の注意をよく読んでから使用しましょう。

 

5.事前に腕の内側などの目立たない部分で使用テストをしましょう。

 

6.肌に合わない場合はすぐに使用を中止し、赤み、腫れ、かゆみ、痛み、刺激や黒ずみ等の異常がある場合には皮膚科医を受診しましょう。

 

 

消費者庁注意喚起全文

タトゥーシール等の肌トラブルに関する注意喚起.pdf(304KB)

 

本件に関する問合せ

◇消費者庁消費者安全課

電話番号 03-3507-9137

 

 

 

 過去の注意喚起情報はこちら

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

                          

関連ワード