業務改善推進のためのモデル事業

2020年5月13日

函館市教育委員会では,留守番電話の導入やインターネットを活用したアンケート調査等の実施により教職員の時間外勤務の縮減を目指す本事業のモデル校を,これまでの4校から19校に拡大し,学校における働き方改革の一層の推進を図ります。

学校現場の業務改善を図り,教職員が健康でやりがいをもって働く環境を整え,児童生徒と向き合う時間の確保を目的とした本事業へのご理解とご協力をお願いいたします。

対象校(計19校)

小学校 中部小学校,八幡小学校,柏野小学校,大森浜小学校,亀田小学校,中央小学校,北美原小学校,本通小学校,南本小学校
中学校 青柳中学校,巴中学校,湯川中学校,戸倉中学校,赤川中学校,桔梗中学校,亀田中学校,五稜郭中学校,本通中学校
高等学校 市立函館高等学校

 

留守番電話の導入(メッセージを残すことはできません)

夜間や休日などに学校電話に留守番電話機能を設定します。

学校における電話対応の時間について

学校種 平日※1 長期休業期間の平日
小学校 午前7時30分~午後6時 勤務時間内※2
中学校 午前7時30分~午後7時
高等学校 

 

※1 原則,上記の時間帯で,教職員が勤務している場合に対応します。

※2 一般的な学校の勤務時間は,午前8時~午後4時30分ですが,学校により多少違いがあります。

 

※上記の時間帯以外は留守番電話に切り替わり,応答メッセージが流れます。(録音はできません。)

※なお,学校行事や緊急時の対応等により,変更となる場合があります。

 

緊急連絡先について

児童生徒の生命や安全にかかわる重大事態など,緊急を要する場合は,警察(110)または消防・救急(119)にご連絡ください。その他の相談窓口は,リーフレットを参照ください。

 

業務改善推進のためのモデル事業リーフレット.pdf(180KB)

インターネットを活用したアンケート調査等の実施

これまで所定の用紙に記入し,提出していたアンケート調査等について,パソコンやスマートフォンから回答できるシステムを活用し,調査業務の事務軽減効果について検証を行います。(※一部の学校では,すでに導入済みです。)

  

 

お問い合わせ

教育委員会学校教育部 教育政策推進室教育政策課
電話:0138-21-3523