平成30年度(2018年度) 農林水産部運営方針(年度評価)

2019年7月9日

組織の使命

農林水産部は,企画調整課,水産課,農務課および農林整備課で構成しており,食料の生産や供給,さらには森林の適切な管理を主な業務としております。
 農林水産業は,食料の生産・供給機能だけではなく,国土や自然の保全,水源かん養,地球温暖化防止など,多面的な機能を有しておりますが,経営コストに占める燃料費等の割合が高いことから,国際的な原油価格の動向や為替相場の変動に大きな影響を受けるほか,天候などの自然条件により生産量が左右されるとともに,小売業界で相場が形成される流通構造などから生産者価格が低く抑えられているなど,その経営は大変厳しい環境下にありますし,卸売市場においても,市場外流通の増加や消費人口の減少に伴う取扱高の減少などにより,関係事業者は厳しい経営を余儀なくされております。
 また,木材価格の低迷による森林所有者の施業意欲の低下などに伴い,適切な管理が行われていない森林が増えているほか,本市東部地域には急峻な地形による山地災害の危険性が高い地区が多く存在することから,農林水産部は,農林水産業の振興,市民の皆さんへの生鮮食料品の安定供給および適切な森林整備,さらには山地災害から市民の皆さんの生命と財産を保全することをミッション(使命)としております。

組織の基本方針

○ 職員自らが常に問題意識を持ち,課題の解決や改善に向けて取り組みます

農林漁業者の目線で課題を意識するとともに,状況の変化を敏感にキャッチし,農林漁業者にとって最善の解決策を模索し実効ある対策を講じます。


○ 農林漁業者のニーズやシーズを把握し,事業に反映させます

職員自らが生産現場に出向き農林漁業者と対話することでニーズやシーズを把握し,効果的な施策の展開につなげます。


○ 国や北海道などの関係機関との連携を密にし,効率的かつ効果的な事業を進めます

課題を解決するために,関係機関との連携を密にし,効率的で効果的な事業を進めます。

年度評価 総評

農林水産部は,農林水産業の振興や生鮮食料品の安定供給,適切な森林整備,さらには山地災害の防止を使命としておりますが,その使命を果たすため,組織の基本方針に則り,それぞれの取り組みを行ってきました。

 

農業においては,収穫作業の負担軽減および共同利用による経費節減を図るため,営農高度化促進機械の導入を支援したほか,高収益作物の生産拡大および農業経営の安定を図るための施設整備を支援しました。

漁業においては,沿岸漁業資源の増大を図るため,ウニ・アワビ・ナマコの種苗放流事業への支援やコンブ養殖技術の検証などに取り組んだほか,雑海藻の駆除や母藻の散布によるコンブ漁場の機能回復を支援しました。

また,函館産真昆布の統一名称である「函館真昆布」の知名度向上を目的として,梱包資材に「函館真昆布」という名称を表示するための印刷原版等の作成を支援したほか,昆布加工メーカーを訪問し,製品への「函館真昆布」の表記を要請しました。

さらに,地方卸売市場においては,指定管理者による適切な管理運営を指導し,生鮮食料品の安定供給に取り組んだほか,治山事業の実施により地域住民の生命・財産の保全に努めたところであり,概ね所期の目標を達成できたものと考えております。 

 

今後においても,農林水産業はもとより関連する産業の持続的発展に資するため,ハード・ソフト両面の施策にスピード感を持ち積極的に取り組んでまいります。

 

 

H30農林水産部(主要施策・事務事業評価).pdf(146KB)

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

農林水産部 企画調整課
電話:0138-21-3332
ファクシミリ:0138-23-0325