世界文化遺産国内推薦候補を見学!~史跡垣ノ島遺跡の臨時公開~

2018年10月1日

垣ノ島臨時公開.jpg

 

 ▲ 会場の様子

 

「北海道・北東北の縄文遺跡群」がユネスコ世界文化遺産の国内推薦候補に選定されたことを受け,現在整備中の史跡垣ノ島遺跡の臨時公開を,8月から9月に実施しました。
 垣ノ島遺跡は約9000年から3000年前の大規模な集落跡で,たくさんの土器や石器が出土する,国内最大級の盛り土遺構が見つかっています。
 臨時公開には道内外から多くの方が訪れ,学芸員の解説に耳を傾けながら,遺跡内を見学しました。
 整備後の遺跡が一般公開されるのは2020年の予定となっており,参加者からは,整備された遺跡もぜひ見学に来たいといった声がありました。

 

 

 

※ 提供しているデータのうち、文字、文章のみをオープンデータ対象とし、写真については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを再配布する場合は、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを改変したもの、本ページのデータを元に作成したものの頒布は禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

南茅部支所 地域振興課
電話:0138-25-5111