第27回先端科学移動大学2018について

2018年10月1日

 

今年は函館市で開催いたします! 

 

先端科学移動大学とは

科学に興味・関心をもってもらうことを目的として,釧路市・旭川市・函館市において巡回開催されている訪問授業および公開講座です。

一般財団法人北海道青少年科学文化財団が主催で行っており,開催都市との共催により実施され,今年は函館市で27回目を迎えます。

 

開催日時および開催場所

平成30年11月10日(金)

 函館市内5高校において,訪問授業が行われます。

 ※一般の方は参加できません。

 

平成30年11月17日(土)

 函館市総合保健センターにおいて,高校生以上の学生および一般社会人向けに公開講座が行われます。

 

開催内容(平成30年11月17日(土))

公開講座内容

第1講 「自然知能と人工知能 ~アメーバとヒトの比較から~」

 北海道大学電子科学研究所 所長・教授  中垣 俊行 先生

 

【講演概要】

単細胞生物のアメーバは、それほど「単細胞」でもない? 粘菌という巨大なアメーバは、迷路を解いたり、人間社会の鉄道網に匹敵する交通網を設計することができることがわかってきました。でも脳もないのにどうやって?? 体の動きをうまく使って良い解を導いているようです。そんな解き方を粘菌の計算方法として見てみると、ヒトの社会で見られる問題解決方法との思わぬ類似性が見えてきました。迷路の経路探索方法や鉄道網の設計方法を具体例として、ヒトが社会をなして実現する集団的な知能と粘菌の「知能」的なるものを比較して、人工知能と自然知能について考えてみます。

 

第2講 「がん細胞の動きを止めろ!」

 北海道大学大学院先端生命科学研究所 教授  芳賀 永 先生

 

【講演概要】

細胞はたった一つで動くことができるってご存知ですか。しかも、細胞が動くことで私たちの命が脅かされる場合があります。それが、がんです。がんが進行すると、がん細胞は動く能力を獲得して、体中のあちこちに移動して、新たな腫瘍を形成することが知られています。この現象を浸潤、転移とよびます。がんで亡くなる患者の8~9割が、転移が原因といわれています。したがって、がん細胞の動きを止めることが治療の大きな課題となっています。今回の講演では、がん細胞が動くメカニズムとそれを止めるための最新の技術についてお話しします。

 

第3講 「市民のための『蛙(あ)学への招待』」

 北海道大学高等教育推進機構 教授  鈴木 誠 先生

 

【講演概要】

皆さんは、谷地頭から立待岬に向かう道に「エゾヒキガエル:カエルに注意!」と書かれた黄色い標識がたくさん立っていることをご存じですね。彼らは元々北海道に生息しているものではなく、1912年以前に内地から移入されたアズマヒキガエルをそう呼んでいるのです。現在道内には内地から移入された「蛙」がたくさん生息しており、エゾヒキガエルは自然界での移動を禁じる「指定外来種」にも指定されています。今日は蛙たちの知られざる姿、生きるための戦略など余り知られていない秘密をご紹介します。

 

第4講 「気象と気候を予測する」

 北海道大学大学院地球科学研究院 准教授  堀之内 武 先生

 

【講演概要】

日々の天気の予報と,地球温暖化などの気候変動の予測。関連は大いにありそうですが,やっぱり遠いような…。実際のところは,この二つはかなり同じ仕組みで行われています。この講義では,気象と気候の予測について,それを支える様々な観測や,最先端の研究の話を交えて紹介します。

 

第5講 「人獣共通感染症の克服を目指して ~アフリカにおける炭疽の現状~」

 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター 教授  東 秀明 先生

 

【講演概要】

近年国内では自然発生が見られなくなった人獣共通感染症の一つ「炭疽」。呼吸器や消化器で発症した「炭疽」を放置すると、致死率は90%を超える非常に怖い病気です。世界に目を向けてみると、現在でも多くの動物や人が「炭疽」を発症し、大きな問題となっています。また「炭疽」を引き起こす病原体「炭疽菌」は、生物兵器に利用され、さらにバイオテロリズムにも悪用される危険な病原体です。今回、私達が「炭疽」発生国で行っている調査の様子を含め、人獣共通感染症がどのように発生・拡散していくのかを紹介したいと思います。

 

場所

函館市総合保健センター

 (函館市五稜郭町23番1号)

 

対象

 高校生以上の学生および一般社会人

 

定員

 100名(申込順)

 

参加料

無料

 

お申込みについて

申込期間

平成30年10月1日(月)から当日まで

※当日および土日祝は,函館市教育委員会生涯学習部生涯学習文化課の窓口および電話での受付ができません。

※定員になり次第締め切りますので,あらかじめご了承ください。

 

申込み方法

下記の1から4,いずれかの方法にてお申し込みください。

 

1.函館市教育委員会生涯学習部生涯学習文化課の窓口で申込みを行う

 「応募チラシ」または任意の用紙に必要事項を記入の上ご持参いただくと,スムーズに申込みできます。

 

2.電話にて申込みを行う

 函館市教育委員会生涯学習部生涯学習文化課 0138-21-3566までお電話ください。

 

3.FAXにて申込みを行う

 「応募チラシ」または任意の用紙に必要事項を記入の上,0138-27-7217まで送信してください。

 

4.メール

 メール本文に必要事項を記入の上,下記アドレスまで送信してください。

 Mail: syougaibunka@city.hakodate.hokkaido.jp

 

 

【必要事項】

・氏名(漢字・ふりがな)

・年齢

・住所

・性別

・電話番号(必ず連絡の取れる番号を明記してください)

・職業(高校生,大学生,社会人,その他など)

・受講希望の講座(全講座または単独での受講も可能です)

 

応募チラシ

第27回先端科学移動大学 応募チラシ.pdf(646KB)

 

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 生涯学習文化課
電話:0138-21-3566
ファクシミリ:0138-27-7217