本市の史跡大船遺跡,史跡垣ノ島遺跡を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」がユネスコ世界文化遺産の国内推薦候補に選定されました。

2018年7月24日

7月19日に開催された国の文化審議会世界文化遺産部会において国内推薦候補に選定をされました。

今後の正式登録に向けて大きく前進しました。

 

今後とも,4道県や関係自治体と一層の連携を深め,登録後の構成資産の保全や活用について検討を進めながら,世界遺産への正式登録に向け,全力で取り組んで参りますので,引き続き,市民や関係者の皆様のご支援とご協力をお願いいたします。

 

 

函館市役所前でのセレモニーの様子

函館市役所前でのセレモニーの様子(平成30年7月19日)

 

函館市縄文文化交流センターでのセレモニーの様子

  函館市縄文文化交流センターでのセレモニーの様子(平成30年7月19日)

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。 

地図

世界遺産を目指す市内史跡

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課
世界遺産登録推進室
電話:0138-21-3563
ファクシミリ:0138-27-7217