函館市の食育|6月は食育月間です

2019年5月31日

函館市の食育|ページリンク 

★函館市の食育~はこだてげんきな子~ ★乳児期のはこだてげんきなこ食育教室(離乳食教室) ★食生活改善普及運動の実施
★食育推進の取り組み ★栄養成分表示の店 ★6月は食育月間です 
★資料集  ★特定給食施設等について  
★ヘルスメイト(食生活改善推進員)の活動 ★健康や栄養に関する表示について    

 

6月は食育月間,19日は食育の日

 国が定めた「食育推進基本計画」では,毎年6月を「食育月間」と定めています。

 6月は「食育基本法」が制定された月(平成17年制定)であり,年度初めの4月から2カ月経って生活も落ち着き,生活リズムを見直すにも丁度良い時期です。

 また,毎月19日は 食育→しょくいく(19) ということで「食育の日」に定められています。

 食育月間や食育の日をきっかけに,食の大切さを見直してみましょう!

 

(関連リンク)

・食育月間:http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/gekkan/(農林水産省のホームページにリンクします。)

家族で食事

「早寝・早起き・朝ごはん」 規則正しく毎日を過ごそう!

※朝食を食べないとどうなる?

朝ごはんの欠食 →→→ 脳がエネルギー不足に! →→→  集中力がなくなったり,イライラしやすくなる!

 


 人間の脳のエネルギー源は,炭水化物を分解して作られるブドウ糖だけです。このブドウ糖はグリコーゲンとして肝臓に蓄えられますが,体内に蓄えておける量や時間に限りがあり,前日の夕食にしっかりとご飯を食べたとしても,翌朝にはエネルギーが切れてしまうことになるのです。

 

 一日の始まりにおかずのある朝ごはんをしっかり食べるということは,基本的な生活リズムを作り,食の大切さを知る第一歩です。

 夜更かしをせず,朝早く起きることにより,余裕を持って朝食をとることができます。

 朝食は,脳と体を目覚めさせ,心の栄養にもつながっていきます。

 

 

(関連リンク)

・「食育」ってどんないいことがあるの?:http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/evidence/index.html

・朝食を毎日食べるとどんないいことがあるの?:http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/evidence/chosyoku.html

(どちらも農林水産省のホームページにリンクします。) 

早起きの女性

 

函館市の取り組み

“はこだてげんきな子”食育啓発事業

 小学校新1年生へ,はこだてげんきな子 食育プラン(函館市食育推進計画)概要版を配布し,食育の啓発を行います。

 概要版は,家庭を中心とした市民へ広く周知し食育の推進を図ることを目的に,食育推進の具体的目標「はこだてげんきなこ」等について,親子で楽しく学べる内容となっています。

 

 「はこだてげんきな子 食育プラン(函館市食育推進計画)概要版」はこちらからダウンロードできます。

 → 函館市の食育~はこだてげんきな子~

 

 

 

概要版中.png

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 提供しているデータのうち,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,図については対象外とします。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
電話:0138-32-1515