函館市の食育|6月は食育月間です

2021年6月2日

函館市の食育|ページリンク 

★函館市の食育~はこだてげんきな子~ ★離乳食教室 ★食生活改善普及運動の実施
★食育推進の取り組み ★はこだて健幸応援店“スマートバランスレストラン” ★6月は食育月間です 
★資料集  ★特定給食施設等について  
★ヘルスメイト(食生活改善推進員)の活動 ★健康や栄養に関する表示について    

 

6月は食育月間,19日は食育の日

国が定めた「食育推進基本計画」では,毎年6月を「食育月間」と定めています。
また,毎月19日は 食育→しょくいく(19) ということで「食育の日」に定められています。

食育月間をきっかけに,食生活を振り返ってみませんか?

 

栄養バランスのとれた食生活を心がけよう

栄養バランスを整えるには,

 

 ・主食:炭水化物の供給源であるごはん・パン・めんなどを主材料とする料理

 ・主菜:たんぱく質の供給源である肉・魚・卵・大豆および大豆製品などを主材料とする料理

 ・副菜:各種ビタミン,ミネラルおよび食物繊維の供給源となる

     野菜・いも・豆類(大豆を除く)・きのこ・海藻などを主材料とする料理

 

を組み合わせた食事を,1日2回以上食べるのがおすすめです。

 

主食・主菜・副菜が別皿になっている定食パターンだけでなく,それらを組み合わせた料理を上手に活用すれば,意外に簡単です。

 

 

   

 定食パターン  

主食+主菜のスパゲッティと

副菜のサラダの組み合わせ

  主食+主菜+副菜の丼もの 


        

朝食をとる習慣を身につけよう

朝食をしっかりとると・・・

〇太りにくい  〇体内時計が整い朝型になる  〇脳が活性化し,仕事の効率がアップ

 

 人間の脳のエネルギー源は,炭水化物を分解して作られるブドウ糖だけです。このブドウ糖はグリコーゲンとして肝臓に蓄えられますが,体内に蓄えておける量や時間に限りがあり,前日の夕食にしっかりとご飯を食べたとしても,翌朝にはエネルギーが切れてしまうことになるのです。

 

朝食を何も食べていないという人へ

 栄養バランスの整った朝ごはんが理想的ですが,食べやすいもの(乳製品,果物,野菜ジュースなど)を1品からでもいいので,少しずつ習慣にしていきましょう。

 朝に時間がない場合は,前日の食事をとり分けておいたり,冷凍おにぎりやパン,納豆や缶詰など,簡単にとれるものを用意しておくといいでしょう。

 遅い時間の夕食や夜食の食べ過ぎ,夜更かしは朝ごはんを欠食しやすくなる習慣です。

 生活リズムを整えながら,朝ごはんを摂る習慣を身に付けましょう!

早起きの女性

 

関連リンク

・食育月間:https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/gekkan/

・「食育」ってどんないいことがあるの?:https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/evidence/index.html

・朝食を毎日食べるとどんないいことがあるの?:https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/evidence/chosyoku.html

(全て農林水産省のホームページにリンクします。) 

 

函館市の取り組み

“はこだてげんきな子”食育啓発事業

 小学校1年生へ,“はこだてげんきなこ”食育啓発クリアファイルを配布し,家庭における食育の啓発を行います。

 また,今年3月に策定した「第3次函館市食育推進計画」の概要版を合わせて配布します。

 

 「第3次函館市食育推進計画 概要版」はこちらからダウンロードできます。

 → 函館市の食育~はこだてげんきな子~

 

 

 

概要版中.png
 

 

はこだて健幸応援店“スマートバランスレストラン”事業

市内17店舗で「はこスマセット」「ベジプラ!楽うまレシピ」を提供中です。

提供店舗の情報やメニューの詳細は,「はこだて市民健幸大学」のホームページをご覧ください。

 

「はこスマセット(はこだてスマートバランスセット)」とは…

主食・主菜・副菜が揃い,かつ減塩等,何らか健康に配慮して考案されたメニューです。

詳しくはこちらをご覧ください → はこだて市民健幸大学|はこスマセット紹介ページ

 

「べジプラ(ベジタブルプラス)!楽うまレシピ」とは…

野菜をメインに使った,簡単な調理で作れる料理です。

詳しくはこちらをご覧ください → はこだて市民健幸大学|べジプラ!楽うまレシピ紹介ページ

    

  

   

 

        

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 提供しているデータのうち,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,図については対象外とします。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
電話:0138-32-1515